Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/07/08

#社会保障費#自己負担#厚生労働省#介護報酬#介護施設#介護保険料

社会保障費、2022年度は大幅増に 高齢化の自然増が6600億円の見込み 政府

《 財務省 》.jpg

《 財務省 》

介護のみらいラボ編集部コメント

来年度の社会保障費(医療・介護・年金などを含むカテゴリー)が、今年度と比べて約6600憶円増となる見通しが政府の概算要求閣議了解でわかりました。
新型コロナ関連の特別出費も莫大な額になっていることから、政府はより厳しい予算運営を迫られることになりそうです。

政府は7日、来年度予算案の編成に向けて各省庁が行う概算要求のルール(基本的な方針)を閣議了解した。【Joint編集部】

高齢化の進展に伴う社会保障費の自然増は、およそ6600億円にのぼると見込んだ。およそ4800億円だった今年度から大幅に膨らむ。団塊の世代が75歳以上になり始め、医療・介護の給付費の増加に拍車がかかることが要因だという。

政府は医療・介護などのサービスの質を担保しつつ、できるだけ社会保障費の抑制を図りたい考え。閣議了解した概算要求のルールには、「合理化・効率化に最大限取り組む」「聖域を設けることなく施策・制度を抜本的に見直す」との考えを明記した。

概算要求基準閣議了解(令和3年7月7日)

来年度予算案の編成に向けたこれから年末にかけてのプロセスでは、診療報酬改定をめぐる議論が重要なポイントになる。介護保険制度に焦点が当たるのは来年度以降だ。社会保障費の自然増の膨張は更に加速していく見通しで、これが2024年度に控える次の制度改正・報酬改定の行方に大きな影響を与えることになる。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

令和3年度介護報酬改定(上)厳しい訪問介護、まあまあな施設介護

介護職の職場や悩みに関する記事一覧を見てみる

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア