Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/07/28

#調査#感染者数#新型コロナ#検疫

空港検疫、外国籍コロナ陽性が4週連続で増加 厚労省が検査実績を更新

210728_01.jpg

介護のみらいラボ編集部コメント

厚労省は検疫所における滞在国・地域別の陽性検体数などの新型コロナウイルスの検査実績(成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港、中部空港からの入国者)集計を更新しました。
7月4日~10日週の1週間の外国籍者の総検体数は前週比約1.3倍の1万869検体で、このうち陽性検体数は前週比4検体増の31検体。総検体数に占める陽性検体数の割合は約0.29%となっています。国・地域別(外国籍者陽性検体)では、インドネシアが13検体で最多となり、以下はフィリピン(4検体)、ミャンマー(3検体)、ロシア(2検体)と続いています。

厚生労働省は26日、検疫所における滞在国・地域別の陽性検体数などの新型コロナウイルスの検査実績を更新した。4日から10日までの1週間の外国籍者の陽性検体数は、4週連続で増加した。【新井哉】

 厚労省が更新した検査実績(直近4週間)によると、4日から10日までの1週間の外国籍者の総検体数は前週比約1.3倍の1万869検体で、このうち陽性検体数は前週比4検体増の31検体。総検体数に占める陽性検体数の割合は約0.29%となっている。

 国・地域別(外国籍者陽性検体)では、インドネシアが13検体で最も多く、以下は、フィリピン(4検体)、ミャンマー(3検体)、ロシア(2検体)、アラブ首長国連邦(UAE)、アルジェリア 、イスラエル、ウズベキスタン、英国、スペイン、セネガル、タジキスタン、ブラジル(各1検体)の順だった。

 この集計は速報値で、厚労省は「成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港、中部空港からの入国者について集計している」と説明。総検体数・陽性検体数については、入国前14日間に滞在した国・地域を計上。入国者が複数の国・地域に滞在していた場合は滞在していた国・地域を全て計上している。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

・介護職のボーナスは上がった?下がった? 2021年夏の傾向と2020年までの推移

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア