Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2022/01/18

#給料#厚生労働省#報酬改定#介護職

【介護職賃上げ】3分の2ベア要件、厚労省「しっかり確認する」 実績報告で点検

社保審・介護給付費分科会.jpg

《 社保審・介護給付費分科会 12日 》

介護のみらいラボ編集部コメント

2月から始まる介護職員の月額9000円の賃上げについて、厚労省は現場での実効性を確実に担保する仕組みを構築するために「給与増の3分の2はベースアップで実施すること」という要件適用の方針を発表しました。社会保障審議会・介護給付費分科会(1月12日)で、委員から事業者へのチェック徹底を促す声があがっていました。これを受けた厚労省担当者は「ベアに使われているかどうかしっかりと確認できる様式で実績報告を求めていく」と明言していました。

給与増の3分の2はベースアップ(*)で実施すること − 。来月から始まる介護職員の賃上げで新たに設けるこの要件について、厚生労働省は現場での実効性を確実に担保する仕組みを構築したい考えだ。【Joint編集部】

* 基本給、または毎月決まって支払われる手当

12日に開かれた社会保障審議会・介護給付費分科会で、委員から事業者へのチェックの徹底を促す声があがった。厚労省の担当者はこれを受け、「ベアに使われているかどうかしっかりと確認できる様式で実績報告を求めていく」と明言した。

3分の2はベアで、との要件は今回の月額9000円の賃上げから導入されるもの。厚労省は12日の審議会で、賃上げの恒久化に向けて今年10月から新設する"第3の処遇改善加算"でも、この要件を適用する方針を発表。事業者には計画書・実績報告書の提出を毎年求めていく意向を示した。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア