Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2022/03/18

#厚生労働省#介護保険

要介護認定の申請書が変わります! 来月から 厚労省が通知

介護保険最新情報vol1040.jpg

《 介護保険最新情報Vol.1040 》

介護のみらいラボ編集部コメント

厚労省では2022年度より、医療と介護の情報連携の精度を高めることを目的に要支援・要介護認定、更新認定の申請書の様式を変更します。この度、様式を定めている通知を改正し、介護保険最新情報のVol.1040で広く周知しました。新様式では、高齢者の医療保険の保険者名、保険者番号、被保険者証の記号、番号、枝番などを書き込む項目が新設。要支援・要介護認定の区分変更申請書、サービスの種類指定変更申請書も同様に見直されています。ぜひ、参考にしてください。

厚生労働省は来年度から、要支援・要介護認定、更新認定の申請書の様式を変更する。様式を定めている通知を改正し、介護保険最新情報のVol.1040で広く周知した。【Joint編集部】

新たな様式では、高齢者の医療保険の保険者名、保険者番号、被保険者証の記号、番号、枝番などを書き込む項目を新設。要支援・要介護認定の区分変更申請書、サービスの種類指定変更申請書も同様に見直した。

介護保険最新情報Vol.1040

医療と介護の情報連携の精度を高めることが目的。双方のレセプトデータベースの連結解析が可能になったことなどを受けて、厚労省が制度の効率化・合理化に向けて進めている環境整備の一環だ。

厚労省は自治体に対し、4月1日の要支援・要介護認定などの受け付け分から新たな様式を使うよう要請。一方で、「医療保険の被保険者番号などが記載されていないことをもって、申請を受け付けないことは適切ではない」と説明し、個々の状況に応じた柔軟な対応を促した。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア