Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2023/09/26

#ケアマネ#テクノロジ#介護施設#共生社会#訪問介護#認知症#通所介護

厚労省、アルツハイマー病新薬「レカネマブ」を正式承認 年内にも実用化へ

09月26日①.jpg

介護のみらいラボ編集部コメント

厚労省が9月25日、日本のエーザイと米国のバイオジェンが共同開発したアルツハイマー病新薬「レカネマブ」の国内製造販売を正式承認。早ければ年内にも医療現場で患者に使えるようになる見通しです。今後、中医協(中央社会保険医療協議会)で公的保険の適用とその価格などが議論されます。

日本の「エーザイ」とアメリカの「バイオジェン」が共同で開発したアルツハイマー病の新薬「レカネマブ」について、厚生労働省は25日、国内での製造販売を正式に承認した。【Joint編集部】

早ければ年内にも医療現場で患者に使えるようになる見通し。今後、診療報酬を議論する中医協(中央社会保険医療協議会)で公的保険の適用とその価格などが議論される。

新薬「レカネマブ」は、アルツハイマー病の原因となる異常なたんぱく質「アミロイドβ」を脳内から除去し、認知症の進行を抑制する効果が期待されている。アルツハイマー病の原因物質に直接働きかけて取り除く薬の承認は初めて。対象者としては発症から早い段階の人、MCI(軽度認知障害)の人などが想定されている。

エーザイの内藤晴夫CEOは25日に公式サイトで、「アルツハイマー病治療の歴史に新たなページを開くことができた。必要とする早期アルツハイマー病の当事者様とそのご家族に適確にお届けすることに全力を尽くしていく」との声明を出した。

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイト JOINT

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア