Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

学ぶ 一問一答 2021/10/27

#国家試験

介護福祉士国家試験 一問一答 (24)

4木.jpg

【問題】

成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度があり、法定後見制度には、利用者の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3種類ある。「後見」が利用者の判断能力が最も高い(軽度)場合であり、「補助」が最も判断能力が低い場合(重度)である。

【解答】

×
利用者の判断能力が低い(重度)順に、「後見」「保佐」「補助」である。なお、法定後見制度は家庭裁判所の審判を受けて、任意後見制度は利用者本人が、判断能力が低下する前に後見人と契約する制度である。

SNSシェア

介護を学ぶの関連記事

  • 一問一答

    2021/11/10

  • 介護福祉士国家試験 一問一答 (27)

  • 一問一答

    2021/11/05

  • 介護福祉士国家試験 一問一答 (26)

  • 一問一答

    2021/10/29

  • 介護福祉士国家試験 一問一答 (25)

もっと見る