Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/06/14

#先端技術#公募#厚生労働省#介護#介護ロボット

介護ロボットニーズと企業の技術のマッチング支援 公募開始 厚労省

介護のみらいラボ編集部コメント

厚生労働省が、介護現場でどのような機能を持つ介護ロボットが求められているのかを情報収集し提案、一般公開し、開発技術を持つ企業が参画できる案件があったら公募できるという「介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業」を開始しました。
実際にどのような場所でどのように使うかまで具体的に落とし込むことにより、使用予定側と開発側の目標のすり合わせができます。
今まで介護ロボットなどを開発したことがない企業でも、応募可能です。

厚生労働省は14日、「介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業」を開始すると発表した。「介護現場のニーズや開発するロボットの提案を公開の上、開発企業の技術情報等(シーズ)を募集し、ニーズの情報提供や開発に関する助言等のマッチング支援を行う」と説明している。【新井哉】

厚労省によると、介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調のための協議会が抽出したニーズと、ニーズを反映したロボット案を、開発企業が理解しやすいようにリスト化して一般公開。ニーズのリストには介護業務における課題やロボットの案が含まれており、▽ニーズの具体的な内容(対象者、場面、あるべき姿など)▽既存機器との相違点、技術開発を行う上での課題▽専門家のコメント-などが記載されている。

このリストにあるニーズを解決するロボットの開発に対して興味や関心を持つ企業を募集し、技術情報を収集した上で、ニーズとのマッチングを支援する。介護ロボットを既に開発している企業に加え、介護ロボット業界に現時点で参入していない企業や、要素技術を有する企業も応募できる。

また、この事業では、介護、リハビリテーション、ロボット、福祉用具などに関する業界団体やアカデミアの有識者で構成する委員会による「マッチング支援」も行う。具体的には、エントリー企業の技術が活用できるニーズやロボットについて検討し、そのニーズや技術を持つ他のエントリー企業を紹介する。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

介護の未来を変える、装着型サイボーグ「HAL®︎」 「CYBERDYNE株式会社とつくばロボケアセンター」(1)

介護職の職場や悩みに関する記事一覧を見てみる

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア