Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

高齢者レクリエーション 脳トレ・クイズ 百人一首なぞり書き 2022/02/04

【なぞり書き百人一首】冬の歌④ 心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花

構成・文/介護のみらいラボ編集部

冬の歌の第4回目にピックアップしたのは、凡河内躬恒の作品。歌意や作者の解説なども掲載しておきますので、情景や詠み手の思いを感じながら、ゆっくりと文字をなぞってみましょう。

冬の歌④.png

歌の意味と作者について

歌番号29番は、凡河内躬恒の一首。初霜を引き合い、白菊の清楚な美しさを詠んだ作品です。実際には、初霜が白いからといって白菊を見失うようなことはありませんが、そうたとえたくなるくらい白菊の白さが印象的だったのでしょう。

(こころ)あてに ()らばや()らむ 初霜(はつしも)

おきまどはせる 白菊(しらぎく)(はな

)

小倉百人一首 歌番号(29番) (おおし)河内(こうちの)躬恒(みつね)

)

)

歌意

もし手折ろうとするのなら、あてずっぽうに折ってみようか。真っ白な初霜が一面に降りたために、霜と見わけがつかなくなってしまっている白菊の花を。

ことば

●心あてに:あて推量に

●折らばや折らむ:「もし折ろうとするなら、折りもしようか」という意味

●初霜:その年にはじめて降りる霜のこと

●おきまどはせる:「おく(置く)」は「(霜が)降りる」という意味で、「まどはす」は「まぎらわしくする」の意味

作者

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね):三十六歌仙の一人で、「古今集」の撰者。官位は低かったものの歌才にはすぐれており、平安時代前期を代表する歌人・紀貫之(きのつらゆき)と並び称される存在でした。

[参考]

『全訳読解古語辞典 第五版』(三省堂)
『百人一首(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』(角川ソフィア文庫)
『解説 百人一首』 (ちくま学芸文庫)

SNSシェア