Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

すごい介護 介護のみらい 2020/05/28

#サイバーダイン#腰痛#先端技術#介護ロボット#佐野勝大#体験レポート

実際に体験、CYBERDYNE株式会社の介護支援とは?介護士が装着して腰痛予防。 「つくばロボケアセンター」(3)

文:佐野勝大 編集者・ライター sugoikaigo_20200528_6_01.jpg

用途が異なる3種類の「HAL®︎腰タイプ」。一番左が介護支援用、中央が自立支援用、右端が作業支援用

CYBERDYNE株式会社が開発した「HAL®︎腰タイプ介護支援用」を体験レポート!このHAL®︎は、介護スタッフの腰にかかる負荷を低減するために使われています。これにより、腰痛になるリスクを低くするという「HAL®︎」を実際に使用してみました。

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」には、介護する人の身体を守る役割がある

装着型サイボーグ「HAL®︎」は、身体が動きにくくなった高齢者や身体障害者向けのものだけではありません。実は、腰部にかかる負荷を低減することを目的とした、HAL®︎腰タイプ介護支援用があるのです。

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」について説明するCYBERDYNE株式会社 取締役 営業本部長 安永好宏さん

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」について説明するCYBERDYNE株式会社 取締役 営業本部長 安永好宏さん

「支えられる側だけでなく、支える介護職側も支援したい。そういった思いから、これまで培った技術を活かして誕生したのが、HAL®︎腰タイプ介護支援用です。下肢タイプと違って、腰に巻きつけるだけなので、簡単に装着することが可能。重さも約3kgと軽いため、装着したまま長時間活動してもそれほど負担になりません」(取締役 営業本部長/安永好宏さん)

「HAL®︎腰タイプ介護支援用は、すでに多くの介護施設に導入されています。「腰への負荷が減ったことで、身体が楽になった」「腰に湿布を貼らなくてよくなった」など、介護スタッフたちからも好評。ある介護施設では、「『HAL®︎』のおかげで職場復帰ができた」という声もあったそうです。

「『それまで夜の体位交換に1分30秒かかっていたのが、40秒でできるように。結果、利用者さまの睡眠の質の向上につながったという報告もありました。『HAL®︎』を装着することによって介護スタッフのパフォーマンスが上がれば、より高いクオリティーの介護サービスを提供できるようになるでしょう」(安永さん)

12kgもの水のボトルを、2つ同時に持ち上げられる

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」を使い、合計24kgの給水容器を持ち上げる様子。

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」を使い、合計24kgの給水容器を持ち上げる様子。

実際に、「HAL®︎腰タイプ介護支援用」を体験してみました。下肢タイプと違って、10秒ほどで装着が完了。そのまま椅子に腰掛けてみても、違和感はほとんどありません。腰以外は固定されていないので、可動性は抜群です。

その実力をもっとも体感できるのは、腰を曲げて重いものを持ち上げるときだそうです。さっそく、床に置いた12㎏の水のボトルを2つ持ち上げてみたところ、中腰の姿勢から身体を起こす際にアシストが入り、腰が後ろに引っ張られる感覚に。装着していない場合とくらべて、格段に動作が楽に感じました。

「水のボトルを持っている手の負荷は、『HAL®︎』を装着していないときと変わりません。ですが、HAL®︎のアシストで腰痛の大きな原因となる椎間板にかかる圧力を低減することで、腰を守ることができるのです」(つくばロボケアセンター センター長代行/貴志浩通さん)

ただ、ものを持ち上げるために腕をたたんで持ち上げてしまうと、負荷が腕にかかってしまい、HAL®︎のアシストの恩恵を得られません。そうならないためには、あえて腕をまっすぐにしたまま、HAL®︎に任せるようにして持ち上げるようにするといいのだとか。「HAL®︎」をつけたままの動作に慣れるまでには、コツが必要なようです。

介護スタッフが安心して働ける環境づくりに大きく貢献

「HAL®︎」を持って内側を見せる女性スタッフ。

「HAL®︎」を持って内側を見せる女性スタッフ。

「HAL®︎腰タイプ介護支援用」の購入費用は1台あたり160万円、レンタルの場合は1台あたり月5万円(5年契約の場合、2020年4月現在)。決して安くはないものの、長い目で見るとそれほど高くはないという考え方もできます。また、自治体によっては「介護ロボット導入支援事業」を積極的に展開しているところもあるそうで、補助金の助成を受けて利用する道もあります。

ちなみに、一台で介護する側だけでなく、高齢者の立ち座り運動などもアシストする新製品も登場。ますます利便性が増しているそうです。

「ある訪問ステーションでは、まずはスタッフが装着して入浴介助を行い、次にご利用者の方が立ち上がる際に装着して利用しているそうです。介護する側、される側の両者にとって大きなメリットがあるのが特長。『HAL®︎』の腰タイプは、まだまだ大きな可能性を秘めています」(安永さん)

介護の最前線で、スタッフにもご利用者にも大きな付加価値を提供している「HAL®︎」。最新技術を現場で体感できるワクワク感もさることながら、導入することによって、スタッフが安心して働ける環境づくりに貢献できそうです。ひいては、ご利用者へのサービス向上を実現できるだけでなく、施設の人材確保にも効果を発揮するかもしれません。

(2020年4月現在)

※コロナウイルス感染予防のため緊急事態宣言中の営業については各ロボケアセンターにお尋ねください。

SNSシェア

プロフィール

佐野勝大

編集者・ライター

雑誌編集者を経て独立。多数のウェブサイト・雑誌でインタビュー記事などを執筆。介護雑誌『介護のことがよくわかる本』の編集ライター、介護施設情報サイト、マイナビ介護職ライターなど、介護現場の取材を多く行っている。

すごい介護の関連記事

  • 介護のみらい

    2021/06/01

  • 厚生労働省担当官に聞く(2)LIFE集積データから、日本発の標準介護を世界に発信したい!

  • 文|介護のみらいラボ編集部
  • 介護のみらい

    2021/05/20

  • 厚生労働省担当官に聞く 科学的介護情報システムLIFE 介護100年の計、その狙いとメリットは?

  • 文|介護のみらいラボ編集部
  • 介護スペシャルインタビュー

    2021/04/20

  • 日本介護福祉士会会長 及川ゆりこさんに聞く 「人員配置、外国人介護職、介護福祉士会の目標」

  • 解説|及川ゆりこ会長
もっと見る