【群馬県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、群馬県における介護職の求人動向を、有効求人倍率・介護職の需要・求人サイトに掲載された情報から集計した求人状況などを交えて解説します。群馬県で介護職として転職・就職することを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

群馬県は都心からのアクセスが良好な上、豊かな自然・グルメ・温泉などの観光資産にも恵まれた自治体です。一方で、群馬県では高齢化の進行が大きな問題となっています。

(出典:総務省統計局「第2章 人口・世帯」/https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

この記事では、群馬県における介護職の有効求人倍率から、介護職の需要、「職種」「雇用形態」「サービス内容」の3つの観点から分析した求人状況までを詳しく解説します。群馬県で介護職として働きたい方は、県内の求人動向を把握し、求職活動に役立ててください。

1. 【群馬県】介護職における有効求人倍率の動向

令和元年11月時点の、群馬県における介護職の有効求人倍率は、全国平均をわずかに上回る4.46倍であり、隣接する栃木県より高い数値となっています。求職者一人あたり4件以上の募集があるため、幅広い選択肢から応募先を決めることができるでしょう。

(出典:厚生労働省「介護分野における特定技能について」/https://jicwels.or.jp/wp-content/uploads/2020/01/2.%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%89%B9%E5%AE%9A%E6%8A%80%E8%83%BD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E5%8E%9A%E

また、令和3年7月時点で群馬県全体の有効求人倍率は上昇しており、医療・福祉関係の新規求人数も昨年に比べて増加傾向です。さらに、医療・福祉関係の新規求人数は全体の新規求人数の3分の1を占めます。そのため、医療・福祉関係職に含まれる介護職の求人数も増加する可能性が高いと言えます。

(出典:群馬労働局「労働市場月報」/https://jsite.mhlw.go.jp/gunma-roudoukyoku/jirei_toukei/kyujin_kyushoku/geppou.html

なお令和2年時点の、群馬県で働く介護職の平均給与は約364万円であり、全国平均や隣接する栃木県を上回る金額です。

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

東京都や埼玉県には劣るものの、標準より高い有効求人倍率・平均年収が示されている群馬県は、介護職として就職・転職を目指す方が応募先を見つけやすい地域であると言えるでしょう。

1-1. 群馬県で介護職の需要が高い理由

令和元年時点の群馬県の総人口は約194万人、65歳以上の高齢者人口は約58万人であり、高齢化率は29.8%です。令和2年の日本全体の高齢化率が28.8%であることと比べると、高齢化が進んでいることが分かります。

(出典:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」/https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2021/zenbun/03pdf_index.html

また、令和3年5月時点の群馬県で暮らす要介護・要支援認定者数の合計は約10万人です。そのうち、要介護認定者数は約7.8万人、要支援認定者数は約2.4万人であり、要介護1の認定者が多い傾向にあります。要介護1は、通所介護(デイサービス)などの居宅介護サービスの利用者が中心です。

(出典:厚生労働省「介護保険事業状況報告(令和3年5月分)」/https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m21/2105.html

群馬県では、合計特殊出生率の低下と高齢者人口の増加が同時に進んでいるため、急速に高齢化が進行しています。団塊の世代が75歳を迎える令和7年には介護を必要とする高齢者の急増が予想されており、介護サービスの拡充や介護人材の確保が急がれている状態です。

(出典:群馬県「群馬県高齢者保健福祉計画(第8期)」/https://www.pref.gunma.jp/02/d2300113.html

令和3年時点の推計では、令和7年の介護人材の需要見込が40,843人であることに対し、供給見込みは38,965人とされています。1,878人の需給の差は今後さらに広がり、令和22年には1万人を超えるとの予想です。

(出典:群馬県「群馬県高齢者保健福祉計画(第8期)」/https://www.pref.gunma.jp/02/d2300113.html

そのため、群馬県では新たに介護職を目指す方や、復職を目指す方を支援するだけでなく、人材の定着を目的とした処遇改善も進められています。

2. 【カテゴリー別】群馬県における介護職求人の状況

介護職求人と一口に言っても、施設形態や募集職種によって仕事内容は大きく異なります。また、募集施設によって応募要件・必要資格が異なるため、希望の求人がなかなか見つからない方は多いでしょう。

求職活動をスムーズに行いたい方は、転職・就職エージェントを利用することがおすすめです。マイナビ介護職では、登録者の希望条件・経歴・保有資格にマッチした求人をキャリアアドバイザーが提案するため、たくさんの求人を1つずつチェックする手間が大幅に省けます。

ここでは、マイナビ介護職に掲載された情報をもとに、群馬県における「職種別」「雇用形態別」「サービス内容別」の介護職求人状況を紹介します。どのような求人が多いかを把握した上で、求職活動を進めてください。

2-1. 【職種別】群馬県の求人状況

群馬県における介護職求人の職種別求人状況は、下表のとおりです。

【職種別】群馬県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護職・ヘルパー 約648件
生活相談員 約50件
看護助手 約24件
ケアマネジャー 約98件
サービス提供責任者 約11件
施設長 約2件
サービス管理責任者 約0件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

群馬県では、施設介護や訪問介護を担う「介護職・ヘルパー」の求人が最も多い状況です。介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の資格があれば応募できる求人も多く、高収入の夜勤専従職員の募集も見られます。

介護職・ヘルパーの次に多い「ケアマネジャー」の求人では、「介護支援専門員」の資格だけでなく、ケアマネジャーとしての実務経験を求められるケースが多い傾向です。

また、無資格・介護未経験でも挑戦しやすい看護助手の求人も比較的多く存在します。ただし、主な募集施設は病院であり、介護施設とは異なる働き方が求められることに注意が必要です。

2-2. 【雇用形態別】群馬県の求人状況

群馬県における、雇用形態別の介護職求人の状況は次のとおりです。

【雇用形態別】群馬県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
正社員(正職員) 約659件
契約社員(職員) 約41件
非常勤・パート 約161件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

群馬県全体の介護職求人のうち約77%が正社員求人ということが分かります。正社員求人の多いエリアは前橋市・高崎市であり、人口規模に比例していると考えられるでしょう。

(出典:群馬県統計情報システム「住民基本台帳」/https://toukei.pref.gunma.jp/brr/

また、契約社員の募集も比較的多く、中でも「施設長」「生活相談員」「ケアマネジャー」など資格や経験などを要する重要なポジションの求人は給与が高い傾向です。

なお、非常勤・パート求人も100件以上存在し、非正規雇用でありながら月給25万円以上を目指せる求人も見られます。非常勤・パート求人には無資格可・未経験可の施設も多いため、これからキャリアを築きたい方は応募資格をしっかりチェックするとよいでしょう。

2-3. 【サービス内容別】群馬県の求人状況

以下では、群馬県におけるサービス内容別の介護職求人の数を紹介します。

【サービス内容別】群馬県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護老人保健施設 約79件
有料老人ホーム 約149件
サービス付き高齢者向け住宅 約38件
特別養護老人ホーム 約108件
通所介護(デイサービス) 約167件
グループホーム 約49件
障がい者施設 約6件
訪問入浴 約2件
訪問看護 約2件
訪問診療 約0件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

群馬県では「通所介護(デイサービス)」「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」の求人が多い傾向です。

「通所介護(デイサービス)」の求人の特徴としては、7割以上がマイカー通勤OKとなっており、「ケアマネジャー」「生活相談員」の募集が多い点などが挙げられます。必要とされる資格・経験・経験年数のほか、通勤手当などの支給上限額なども確認しておきましょう。

「有料老人ホーム」の求人には、住宅手当や夜勤手当など各種手当が充実した施設が複数見られるため、月給や年収以外のポイントにも注目することがおすすめです。

また、「特別養護老人ホーム」の求人には、月給30万以上を提示する施設が複数見られます。中には年間休日120日以上で資格不問・スキル不問または応相談の求人もあるため、充実した就業環境でキャリアを積みたい方はチェックするとよいでしょう。

まとめ

群馬県は介護職の有効求人倍率や平均年収が全国平均を上回る自治体です。高齢化が急速に進行している地域でもあるため、団塊の世代が後期高齢者となる令和7年に向けてより一層介護職の需要が高まることが予想されます。

群馬県の介護職求人は、施設によって仕事内容や応募要件が大きく異なります。効率よく応募先を選定したい場合は、介護業界に精通したキャリアアドバイザーのサポートを受けられる「マイナビ介護職」を、ぜひご活用ください。

群馬県の介護職求人はこちら

※当記事は2021年9月現在の情報をもとに作成しています

"マイナビ介護職"では、完全無料で
あなたの転職をお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください!

未経験でも大丈夫!初めての介護職で転職が不安なあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの求人特集

新しい場所で働きたい!オープニングスタッフ募集

収入をアップさせたい!高収入特集

休みが多い方が良い!年間休日110日以上特集

住宅補助が手厚いから安心!住宅手当付き特集

関連記事

転職ノウハウ

【京都府】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

京都府には、さまざまな職種・サービス内容の介護職求人があります。しか...(続きを読む)

転職ノウハウ

【愛知県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

当記事では、愛知県における介護職の求人動向について、有効求人倍率から...(続きを読む)

転職ノウハウ

【静岡県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

静岡県で介護職を目指す方は、県内の求人動向を把握しておくことが大切で...(続きを読む)

転職ノウハウ

【神奈川県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

この記事では、神奈川県で介護職として働きたい方に向けて、県内の介護職...(続きを読む)

転職サービスのご紹介