【大阪府】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、大阪府における介護職の求人動向について、有効求人倍率から介護職需要、求人サイトに掲載されたリアルなデータに基づく求人状況までを解説します。大阪府で介護職を目指す方はぜひ参考にしてください。

大阪府は西日本の中心地であり、オフィスや商業施設が立ち並ぶだけでなく、情緒あふれる住宅街も存在する自治体です。人口も多く暮らしやすい環境である一方で、高齢化が進んでおり、介護人材の不足が課題となっています。

この記事では、大阪府における介護職の求人動向について紹介します。大阪府の介護職についての有効求人倍率の動向や、職種別・雇用形態別の求人動向について解説するため、大阪府で介護職として働きたい方はぜひ参考にしてください。

1. 【大阪府】介護職における有効求人倍率の動向

大阪府における介護職の有効求人倍率は、5.70倍(2019年11月時点)と、全国平均の有効求人倍率4.45倍を大きく上回る水準となっています。

(出典:厚生労働省「介護分野における特定技能について」/https://jicwels.or.jp/wp-content/uploads/2020/01/2.%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%89%B9%E5%AE%9A%E6%8A%80%E8%83%BD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81%EF%BC%89.pdf

都道府県別に見ても、東京都(7.39倍)・愛知県(6.67倍)・奈良県(5.87倍)・岐阜県(5.80倍)に次ぐ、5位という高い水準です。近畿地方で比較すると、1位の奈良県5.87倍に次ぐ第2位で、兵庫県の4.56倍や京都府の4.40倍とは大きく差をつけています。

また、2021年7月時点の大阪府における「介護サービスの職業」の有効求人数は2万件近く存在します。この数値は他の職業に比べて圧倒的に多く、大阪府では介護職の需要が多職種に比べて高いと言えるでしょう。

(出典:厚生労働省大阪労働局「職種別有効求人倍率及び求人求職賃金」」/https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-roudoukyoku/jirei_toukei/sijo/_kyujinbairitsu-kyusyokuchingin.html

さらに、同時点の「医療・福祉」分野の新規求人数も、他の分野に比べて多く、前年よりも増加傾向です。

(出典:厚生労働省大阪労働局「労働市場ニュース」/https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-roudoukyoku/jirei_toukei/sijo/_news_00001.html

以上より、大阪府では求職者一人あたり6件近い求人が存在し、継続的に新規求人も増えていることから、今後も介護職需要は高く推移することが予想されます。

1-1. 大阪府で介護職の需要が高い理由

大阪府の介護職の需要が高い理由としては、介護を必要とする要介護者が多いことと、慢性的に介護人材が不足していることが挙げられます。

2021年5月末現在の大阪府における要介護(要支援)認定者数の合計は544,061人と、東京都の635,789人に次いで、全国で2番目に多い人数です。要介護・要支援者が多いため、大阪府では介護人材の確保が急務となっています。

(出典:厚生労働省「介護保険事業状況報告(令和3年5月分)」/https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m21/2105.html

また、大阪府の介護人材について懸念されていることは、離職率の高さです。大阪府の介護職員の離職率は17.1%と全国平均の14.9%より高い数値となっています。

(出典:公益財団法人介護労働安定センター「1:介護労働実態調査」/http://www.kaigo-center.or.jp/report/

加えて、厚生労働省の推計では大阪府は2025年に34,495人の介護人材不足に陥ることが予測されている状況です。

(厚生労働省「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について」別紙5/https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12004000-Shakaiengokyoku-Shakai-Fukushikibanka/0000207322.pdf

そのため、大阪府では現状と将来の大阪府における介護人材の不足を踏まえて「介護職・介護業務のイメージアップ戦略事業」を展開し、介護人材の確保が進められています。

(出典:大阪府「『介護職・介護業務のイメージアップ戦略事業』がめざすもの」/https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/40367/00000000/pp.pdf

具体的には、介護職の業務の魅力について情報発信をしたり、介護職の労働環境・処遇の改善をしたりして業界未経験者の参入を促進しています。

2. 【カテゴリー別】大阪府における介護職求人の状況

マイナビ介護職は、介護業界の転職に特化した転職・就職支援サービスです。介護業界での転職・就職活動におけるさまざまなアドバイスやサポートを無料で行っているため、求職中の方はぜひご活用ください。

また、マイナビ介護職では、地域、職種別といったさまざまな切り口で求人情報を確認することが可能です。以下では、大阪府の介護職の求人状況について、職種別・雇用形態別・サービス内容別に紹介します。

2-1. 【職種別】大阪府の求人状況

大阪府における介護職の求人情報を、職種別に集計した結果は下記のとおりです。

【職種別】大阪府における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護職・ヘルパー 約3,451件
生活相談員 約216件
看護助手 約199件
ケアマネジャー 約530件
サービス提供責任者 約226件
施設長 約50件
サービス管理責任者 約3件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

職種別求人状況で最も多いものは、「介護職・ヘルパー」の求人です。大阪府の「介護職・ヘルパー」は、近畿圏内で比較しても最も多く、兵庫県・京都府・奈良県と比べ非常に多い件数となっています。

大阪府では先述のとおり「介護職・介護業務のイメージアップ戦略事業」を実施し、介護職未経験者を多く雇用しようと働きかけています。実際に大阪府の未経験者の採用動向を見てみると、例えば「介護職・ヘルパー」では、「未経験OK」「無資格OK」の求人数は1,364件です。つまり「介護職・ヘルパー」求人の4割が経験や資格不問で応募可能となっています。

一方で、資格があると、資格手当などが支給されるケースが多く、無資格者よりも給与が高くなる傾向です。特に、介護福祉士・介護職員初任者研修・介護職員実務者研修を求める求人が多く見られます。

なお、「ケアマネジャー」になるためには資格が必要ですが、ケアマネジャーとしての経験を不問とする求人は170件近くあります。そのため、ケアマネジャーとして新しい職場でゼロからチャレンジすることが可能です。

2-2. 【雇用形態別】大阪府の求人状況

大阪府における介護職の求人状況を、雇用形態別に見てみましょう。大阪府の介護職の求人を「正社員」「契約社員」「非常勤・パート」に分けると下記のとおりです。

【雇用形態別】大阪府における介護職の求人状況(2021年9月時点)
正社員(正職員) 約3,529件
契約社員(職員) 約91件
非常勤・パート 約1,368件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

雇用形態別の介護職の求人については、「正社員(正職員)」が、「契約社員(職員)」「非常勤・パート」に比べて圧倒的に多い状況です。

正社員求人では、資格者や経験者を歓迎する求人が多いものの、経験不問・資格不問で応募できる求人も1,281件と少なくありません。大阪府では、介護未経験・無資格者を採用する事業所には補助金を支給するといった支援策を実施しています。そのため、今後も未経験・無資格でも応募しやすい状況が続く見込みです。

(出典:大阪府「令和3年度介護分野への就労・定着促進事業補助金のご案内」/https://www.pref.osaka.lg.jp/houjin/jinzai/syurou_teichaku.html

キャリアアップのしやすさという点で教育・研修制度に目を向けると、「正社員(正職員)」の求人のうち、2割程度が資格取得制度や研修制度が充実している求人です。社内制度を利用して、昇給やキャリアアップを目指すとよいでしょう。

また、「正社員(正職員)」に限らず「非常勤・パート」についても資格取得支援、研修制度のある求人が多く見られます。ライフスタイルに合わせた自分のペースで働きながら、介護職としてキャリアを積みたい方はぜひチェックしてください。

2-3. 【サービス内容別】大阪府の求人状況

大阪府における介護職の求人状況を、施設のサービス内容別に紹介します。大阪府の介護職の求人件数を、サービス内容別に見ると下記のとおりです。

【サービス内容別】大阪府における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護老人保健施設 約340件
有料老人ホーム 約697件
サービス付き高齢者向け住宅 約357件
特別養護老人ホーム 約571件
通所介護(デイサービス) 約801件
グループホーム 約324件
障がい者施設 約64件
訪問入浴 約35件
訪問看護 約90件
訪問診療 約0件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

大阪府におけるサービス内容別の求人状況は、「通所介護(デイサービス)」の求人数が最も多いことが特徴です。「通所介護(デイサービス)」に続いて、「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」という順に求人が多く見られます。

「通所介護(デイサービス)」の仕事は、朝に利用者の自宅へ迎えに行き、施設内で食事や排泄の介助、必要に応じて入浴介助を行います。デイサービスの中には宿泊付きのデイサービスもあるものの、日中業務がメインであるため、求人も「日勤のみ」が半数以上を占めます。

「有料老人ホーム」や「特別養護老人ホーム」の仕事内容も、デイサービスと同様、食事介助や排泄介助などの業務が中心です。異なる点としては、日勤だけでなく夜勤を求める求人が多くあることでしょう。

働きやすさを考慮する場合、福利厚生の整った施設の求人を探すことも大切です。マイナビ介護職では、気になった求人に関して福利厚生や産休・育休制度などの情報もお調べできるため、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

大阪府では介護職の離職率が高く、近い将来の介護人材不足が予想されています。その影響もあり、介護職の有効求人倍率は5.70倍と、全国平均を大きく上回る高い水準です。大阪府では今後ますます介護職の需要が高まるため、介護職として働きたい方は、比較的就職先を見つけやすいと言えます。

大阪府で介護職求人を探す際は、マイナビ介護職をぜひご利用ください。マイナビ介護職では、専門のキャリアアドバイザーが求職活動を手厚くサポートいたします。

大阪府の介護職求人はこちら

※当記事は2021年9月現在の情報をもとに作成しています

"マイナビ介護職"では、完全無料で
あなたの転職をお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください!

未経験でも大丈夫!初めての介護職で転職が不安なあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの求人特集

新しい場所で働きたい!オープニングスタッフ募集

収入をアップさせたい!高収入特集

休みが多い方が良い!年間休日110日以上特集

住宅補助が手厚いから安心!住宅手当付き特集

関連記事

転職ノウハウ

【京都府】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

京都府には、さまざまな職種・サービス内容の介護職求人があります。しか...(続きを読む)

転職ノウハウ

【愛知県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

当記事では、愛知県における介護職の求人動向について、有効求人倍率から...(続きを読む)

転職ノウハウ

【静岡県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

静岡県で介護職を目指す方は、県内の求人動向を把握しておくことが大切で...(続きを読む)

転職ノウハウ

【神奈川県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

この記事では、神奈川県で介護職として働きたい方に向けて、県内の介護職...(続きを読む)

転職サービスのご紹介