【静岡県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県で介護職を目指す方は、県内の求人動向を把握しておくことが大切です。この記事では、静岡県における介護職の有効求人倍率・介護職の需要・「職種」「雇用形態」「サービス内容」の3つの観点から見た求人状況を紹介します。

静岡県は、日本のシンボルである富士山や、伊豆半島・熱海・浜名湖など豊かな自然や観光資産に恵まれた自治体です。東名阪など大都市へのアクセスもよく、暮らしやすい点も静岡県の魅力と言えます。そんな静岡県で、介護職に就職・転職したいと考えている方の中には、静岡県における介護職の求人動向が気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、静岡県における介護職の有効求人倍率の動向から、静岡県で介護職の需要が高い理由、3つのカテゴリー別の求人状況までを詳しく解説します。

1. 【静岡県】介護職における有効求人倍率の動向

令和元年11月時点の静岡県における介護職の有効求人倍率は4.50倍となっており、全国平均の4.45倍をわずかに上回る数値です。同じ東海エリアの愛知県・岐阜県・三重県に比べると低い傾向にあるものの、求職者一人につき4件以上の求人数は、多職種に比べて非常に多いと言えるでしょう。

(出典:厚生労働省「介護分野における特定技能について」/https://jicwels.or.jp/wp-content/uploads/2020/01/2.%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%89%B9%E5%AE%9A%E6%8A%80%E8%83%BD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E5%8E%9A%E

なお、令和3年7月時点の静岡県における全職種の有効求人倍率は1.22倍となっており、県内の全ての地域で前年同月を上回りました。また、産業別新規求人の状況を見ると、医療・福祉分野の求人数が最も多く、前年からも増えています。

(出典:静岡労働局「職業安定部 雇用労働統計」/https://jsite.mhlw.go.jp/shizuoka-roudoukyoku/jirei_toukei/shokugyou_shoukai/toukei/toukei01_00002.html

以上のことから、静岡県では介護職の求人が継続的に出されており、求人数が求職者数を大幅に上回ることが分かります。

また令和2年の統計によると、静岡県で働く介護職の平均給与は、全国平均を上回る約369万円であり、東海エリアでは愛知県の次に高い水準です。

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

そのため静岡県で介護職を目指す方は、求人数が多く給与水準も比較的高い、恵まれた環境に置かれていると言えるでしょう。

1-1. 静岡県で介護職の需要が高い理由

令和元年時点の静岡県の総人口は約364万人であり、うち65歳以上の高齢者人口は約109万人です。高齢者率は29.9%となっており、令和2年の全国平均の28.8%を1ポイントほど上回ります。

(出典:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」/https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2021/zenbun/03pdf_index.html

また、令和3年5月時点の静岡県の要介護・要支援認定者数は約18万人であり、約18万人の方が何らかの介護サービスを必要としている状況です。認定者数の内訳は、要支援認定者数が約4万人・要介護認定者数が約14万人となっています。

(出典:厚生労働省「介護保険事業状況報告(令和3年5月分)」/https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/m21/2105.html

静岡県では介護人材の需要と供給が釣り合っておらず、人材不足の状況が続くと見込まれている状況です。さらに、団塊の世代が75歳を迎え後期高齢者が急増する令和7年には、8千人以上の介護人材が不足すると予測されています。

(出典:静岡県「第8次静岡県長寿社会保健福祉計画」/https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-210/chouju/keikaku/dai8jihokeniryoukeikaku.html

なお、県内の介護職は増加傾向にあるものの、全国に比べて離職率が高いことが課題となっています。離職の理由は事業所の方針や人間関係・給与など多岐にわたるものの、介護人材の定着を促すため、キャリアパス制度の導入や処遇改善などが急がれている状況です。

さらに、介護職に対するネガティブなイメージを改善する取り組みも積極的に行われています。以上のことから、静岡県では介護職の需要が非常に高く、人材確保・定着のために働きやすい環境づくりが行われていることがうかがえます。

2. 【カテゴリー別】静岡県における介護職求人の状況

介護職の需要が高く、介護職求人も多い静岡県で就職先を見つけるためには、転職・就職エージェントを利用することがおすすめです。

マイナビ介護職は、2,000件近い静岡県の介護職求人を掲載しており、非公開求人の取り扱いもあります。介護職の転職・就職に強いキャリアアドバイザーが、希望条件と応募要件をすり合わせた上で求人を提案するため、効率的に求職活動を進められるでしょう。

以下では、2021年9月時点のマイナビ介護職に掲載された情報をもとに、「職種別」「雇用形態別」「サービス内容別」の求人状況を紹介します。

2-1. 【職種別】静岡県の求人状況

次の表は、静岡県における職種別の介護職求人の状況です。

【職種別】静岡県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護職・ヘルパー 約1,469件
生活相談員 約164件
看護助手 約40件
ケアマネジャー 約196件
サービス提供責任者 約14件
施設長 約3件
サービス管理責任者 約6件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

静岡県では、介護職求人全体の約75%が「介護職・ヘルパー」の募集となっています。求人の特徴は、普通自動車運転免許を要する求人が多いという点です。さらに、95%近くが車通勤可であるため、通勤手当や交通費支給要件も同時に確認するとよいでしょう。

また、高収入の介護職・ヘルパー求人を見ると、実務経験を持つ方を歓迎する施設が多いことが分かります。なおエリア別に見ると、介護職・ヘルパー求人は静岡市・浜松市・富士市に多い傾向です。

静岡県では、生活相談員やケアマネジャーの求人も比較的多く見られます。月給30万円を超える求人も複数あるため、資格を活かして高収入を目指したい方はぜひチェックしてください。

2-2. 【雇用形態別】静岡県の求人状況

静岡県における雇用形態別の介護職求人の状況は以下のとおりです。

【雇用形態別】静岡県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
正社員(正職員) 約1,345件
契約社員(職員) 約46件
非常勤・パート 約594件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

静岡県における介護職求人の約68%が正社員求人です。「障がい者向けグループホームの求人」や「ケアマネジャー求人」の収入が高い傾向にあります。また、半数近い施設が「産休・育休・介護休暇取得実績あり」のため、子育てや介護と仕事を両立したい方も安定的に働ける職場を見つけられるでしょう。

なお、非正規雇用の求人は契約社員より非常勤・パートのほうが多く掲載されています。非常勤・パート求人の半数近くが経験不問であり、3分の1以上が資格不問です。

有資格者・経験者を優遇する求人も多いものの、未経験・無資格でも非常勤やパートとして資格取得支援・研修制度を利用しながらキャリアアップできる環境と言えます。

2-3. 【サービス内容別】静岡県の求人状況

静岡県における、サービス内容別の介護職求人の状況は下表のとおりです。

【サービス内容別】静岡県における介護職の求人状況(2021年9月時点)
介護老人保健施設 約174件
有料老人ホーム 約123件
サービス付き高齢者向け住宅 約87件
特別養護老人ホーム 約255件
通所介護(デイサービス) 約416件
グループホーム 約197件
障がい者施設 約23件
訪問入浴 約18件
訪問看護 約6件
訪問診療 約0件

(出典:マイナビ介護職/https://kaigoshoku.mynavi.jp/

静岡県では「通所介護(デイサービス)」の求人数が最も多く出されています。通所介護の求人のうち「管理職候補」「生活指導員」「ケアマネジャー」を募集する求人の給与が高い傾向です。一方で、未経験で月給25万円以上を目指せる求人も見られます。

また、通所介護はサービスの性質上、日勤のみの施設が多いため、ワークライフバランスの実現もしやすいでしょう。

通所介護の次に多い求人数が多いサービスは「特別養護老人ホーム」です。無資格・未経験でも応募・相談可能の施設も見られるものの、要介護度の高い入所者の介護を担当するため、「介護福祉士」などの有資格者や経験者を優遇する傾向にあります。

なお、「グループホーム」や「介護老人保健施設」からの求人も比較的多く見られます。年間休日110日以上の求人もそれぞれ3分の1程度見られ、残業少なめの働きやすい施設を選ぶことも可能です。

まとめ

静岡県の有効求人倍率は全国平均程度の水準であるものの、新規求人数は前年と比べると増加傾向です。また、静岡県で働く介護職の平均年収は全国より高く、今後も介護職の需要が高まることが予想されています。

なお、通所介護の需要が高いという特徴があるため、入浴介助や昼食の提供・機能訓練・レクレーションなどを通じて要介護者をサポートしたいと考える方は、ぜひ求人をチェックしてみましょう。

静岡県で介護職求人を探す際は、ぜひマイナビ介護職をご活用ください。マイナビ介護職では2,000件近い静岡県の求人の中から、希望条件に合う応募先をご提案させていただきます。

静岡県の介護職求人はこちら

※当記事は2021年9月現在の情報をもとに作成しています

"マイナビ介護職"では、完全無料で
あなたの転職をお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください!

未経験でも大丈夫!初めての介護職で転職が不安なあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの求人特集

新しい場所で働きたい!オープニングスタッフ募集

収入をアップさせたい!高収入特集

休みが多い方が良い!年間休日110日以上特集

住宅補助が手厚いから安心!住宅手当付き特集

関連記事

転職ノウハウ

【京都府】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

京都府には、さまざまな職種・サービス内容の介護職求人があります。しか...(続きを読む)

転職ノウハウ

【愛知県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

当記事では、愛知県における介護職の求人動向について、有効求人倍率から...(続きを読む)

転職ノウハウ

【神奈川県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

この記事では、神奈川県で介護職として働きたい方に向けて、県内の介護職...(続きを読む)

転職ノウハウ

【千葉県】介護職の求人動向は?有効求人倍率や実際の求人状況も紹介

千葉県における介護職の求人動向を解説します。有効求人倍率や介護職の需...(続きを読む)

転職サービスのご紹介