介護職系施設について

グループホームとは

グループホームとは

グループホームは認知症高齢者を対象として、地域密着型介護サービスを提供する入居施設です。施設と同じ地域に住民票がある人を対象とし、1ユニット当たりの入居者は最大9名までと制限されています。(1施設2ユニットまで)。認知症高齢者にとって快適な環境を整えることを目的とし、住み慣れた環境で、なおかつ少人数で家族のように過ごすことができます。

グループホームの仕事内容

グループホームは宿泊型であり、夜勤もあります。職員の人数体制は、昼間は3人以上、夜間は1人で対応するところがほとんどです。

タイムスケジュール例
【8:30】夜勤者からの申し送り、1日の予定の確認
【9:00】おむつ交換やトイレ誘導
【9:30】入居者と一緒に編み物や制作活動、軽い体操などを行う
【10:00】一部の利用者と一緒に昼食の準備を始める
【12:00】昼食。自力で摂取できない人の食事介助
【12:30】一部のスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは利用者と食器の片付けや洗い物を行う
【13:30】利用者と共に食材やおやつを買いにスーパーへ行く。買い物に行かない利用者はテレビを見たり、庭の植木の手入れなどをしたりするため、そのサポートを行う
【15:00】おやつ。自力で摂取できない人の食事介助
【15:30】利用者と共に夕食の準備を始める
【17:00】夕食。自力で摂取できない人の食事介助
【17:30】業務終了
グループホームでは職員が食事の準備を行うところも多く、夜勤の流れも他の施設とは異なります。一人で夜勤を行う施設を希望する場合には、事前に夜勤の業務の流れを確認しておきましょう。
【17:00】出勤、日勤者からの申し送り、食事介助
【18:00】利用者の口腔ケアや臥床(がしょう)介助、おむつ交換
【19:00】食器の片付けや、翌日の入浴準備
【20:00】眠前薬がある人への服薬介助
【21:00】消灯、以降2時間おきに体位交換やオムツ交換。随時コール対応
【4:30】朝食準備
【6:00】起床、整容や更衣介助を行う
【7:00】朝食。必要な人は介助を行う
【7:30】口腔ケアやトイレ誘導を行う
【8:00】利用者の見守りをしながら記録物の記入
【8:30】日勤者に申し送り
【9:00】片付けをして業務終了
朝食の準備は補助のために他のスタッフが出勤するところもありますが、夜勤者が作らなければいけないところもあります。利用者対応をしながら調理を行うためにも工夫が必要です。時間があるときに食材をあらかじめ切っておくといった効率の良い働き方が求められるでしょう。

グループホームの福利厚生

グループホームは医療法人や社会福祉法人だけではなく、民間企業も運営することができます。医療法人や社会福祉法人は国からの補助金も多いため、住宅手当や交通費などを用意しているところも多いようです。
民間企業は補助金を受けることができませんが、有料老人ホームやデイサービスなどを手広く運営しているところが多く、そういった職場の場合は福利厚生も期待できるでしょう。

グループホームのスキル・キャリアパス

グループホームに入居することができるのは、認知症の高齢者のみと決められています。そのためグループホームで働く場合は認知症に対する知識は必要不可欠です。また、グループホームではさまざまな活動を入居者と一緒に行うため、他の高齢者施設に比べるとコミュニケーションスキルが求められるでしょう。
ただし、グループホームは、自宅に近い雰囲気で運営されているところが多いため、就職後も溶け込みやすい環境ともいえます。新しい職員が入ってきたときも、客人や孫のような感覚で迎えてくれる高齢者も多く、積極的に会話ができる機会も多くあります。コミュニケーションが苦手であったり、認知症に対する知識に不安があったりする場合でも、働いているうちに必要な能力が身に付きやすい職場です。

グループホームで働くことの良さや向いている人

グループホームは利用者とのコミュニケーション能力が必要とされる場面が多くありますが、それだけ利用者との距離が近い環境で仕事ができる施設です。日々の業務は流動的であり、マニュアル通りの働き方が苦手な人にとって、グループホーム勤務はおすすめです。
また利用者数が少ないため、おむつ交換や移乗介助による体力的な負担を軽減したい人にとっても働きやすい施設と言えるでしょう。