介護職系資格について

認知症介護職実践者研修とは

認知介護職実践者研修とは

認知症介護実践者研修とは、質の高い認知症介護を行う専門職員を養成するための研修です。実際に介護現場で働く介護職員を対象とし、実践的な認知症介護の知識や技術を習得します。研修の主催者は各都道府県や政令指定都市で、研修は自治体によって年数回~20回開催されており、例えば東京都では講義・演習が6日間、職場実習が2週間あります。最終日には実習内容をまとめたレポートを発表し、全日程を終えると修了証書が発行される仕組みです。
認知症に関わる施設などでは、認知症介護実践者研修の修了者を配置する義務があり、そのほかの施設でも、修了者がいることで認知症加算を取れることがあるため、施設側にとっても注目度が高く、就職にも有利な資格と言えるでしょう。認知症介護実践者研修は経験のある介護職員にとっては、取っておきたい資格の一つです。

認知介護職実践者研修の受講・受験資格

認知症介護実践者研修は、認知症介護に関する実践的な知識と技術を身につける研修であり、受講するためには次のような条件があります。例として東京都では

・介護福祉士と同程度の身体介護に関する知識や技術を持っている
・認知症高齢者の介護実務経験が2年程度以上
・各施設・事業所において介護・看護のチームリーダー(主任・副主任・ユニットリーダーなど)の立場にあるか、近い将来そうなることが具体的に予定されていること

認知症介護実践者研修は、認知症介護を現場で実践できる人材育成という側面もあり、リーダー的立場であるという条件がいらない場合があったり、上記の受講条件を満たしていても、職場からの推薦がなければ研修を受けることができなかったりします。推薦人数は所属する施設の種類等によって異なるため、受講を希望する場合には必ず職場に確認しましょう。
推薦をもらえても応募者多数の場合は、配置義務を有する施設に所属している人が優先的に受講できるように設定されています。申し込みが終了したからといって、確実に受講できるものではないことを、頭に入れておきましょう。

認知介護職実践者研修取得費用の相場

認知症介護実践者研修の費用の相場は25,000円程度が一般的です。しかし、地域によって大きく異なり、東京では無料で受講できるのに対し、山口県では35,000円と、それぞれに必要な費用が変わります。また、別途教材費がかかる自治体もありますので、受講にかかる費用については受験要綱などで確認しておきましょう。

認知介護職実践者研修を仕事で活かす

認知症介護実践者研修は、修了したからといって手当がつくといった給与面に影響する資格ではありません。
しかし、施設によっては配置義務や加算の取れる資格のひとつであるため、求人情報の資格要件に挙げている会社もあり、転職の際には有利になる資格の一つと言えるでしょう。
また、介護現場によっては、資格保有者として介護リーダーや管理者などに任命されることもあります。さらに実務経験を積み重ねれば、認知症介護実践リーダー研修や認知症介護指導者研修といった上位資格へステップアップも可能です。認知症介護のエキスパートを目指すのであれば、認知症介護実践者研修は受講しておきましょう。