介護職系資格について

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修(ホームペルパー2級)とは

介護職員初任者研修とは、はじめて介護の仕事を目指す人向けに作られた、介護職としてのスタート資格です。平成25年度にホームヘルパー2級から移行して新設されました。

在宅や施設を問わず、介護職として働くうえで必要となる介護の基礎から応用までを学ぶことができます。介護の仕事をするのであれば、最初にとってほしい資格と言えるでしょう。

研修内容は、ホームヘルパー2級とあまり変わりありません。しかし、ホームヘルパー2級で行われていた施設研修はなくなり、その代わりに実技時間が増え、全行程終了後に試験が行われるようになりました。試験に合格した者のみが介護職員初任者研修の資格を得ることができます。

介護職員初任者研修(ホームペルパー2級)の受講・受験資格

介護職員初任者研修は、初心者向けの研修ということもあり、だれでも受講することができます。受講すると、介護の仕事に必要な知識や技術、考え方を身に付けることができ、基本的な介護業務を行えるようになります。直接体に触れる身体介護を行うための知識や技術はもちろん、認知症についても学ぶことができ、介護職を続けていくために、ぜひ受講してほしい研修と言えるでしょう。

介護職員初任者研修(ホームペルパー2級)取得費用の相場

介護職員初任者研修の取得費用はスクールによって大きく異なり、通常6~15万円程度となっています。費用が安くてもカリキュラム自体に差はありません。しかし、講師陣のレベルや欠席時の振替、会場の通いやすさなどに差があるため、自分に合う学校を選ぶようにしましょう。

介護職員初任者初任者研修は、教育給付金の対象となっているので、条件に当てはまれば費用の20%が戻ってきます。また、学校には独自の割引を行うところが多く、自治体によっては受講費用を助成してくれることがあります。助成される額の割合は各自治体によって違うので、お住いの自治体に確認してみると良いでしょう。

さらに、介護職員初任者研修はハローワークでも職業訓練として行われています。職業訓練の場合は、受講費用は無料となり教材費のみが実費となります。求職中で時期が合えば、最も安い費用で資格を取得することができることでしょう。

介護職員初任者研修(ホームペルパー2級)を仕事で活かす

介護職員初任者研修を取得すると、直接身体に触れる「身体介護」を行うことができるようになります。確かな介護の知識と技術を持っている証明となるので、就職でも有利になります。

また、介護職員初任者研修単独では介護福祉士国家試験の受験資格にはならないものの、上位資格である実務者研修を修了すれば将来的に介護福祉士をめざすこともできます。介護の仕事に興味がわいたら、最初の一歩として介護職員初任者研修の受講を検討してみましょう。