介護職系資格について

精神保健福祉士(PSW)とは

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、精神科に特化した相談業務を行うための国家資格です。1997年(平成9年)に誕生した比較的新しい資格ですが、1950年代から精神科で活躍してきた精神科ソーシャルワーカーが基盤となっています。精神保健福祉士は、精神科に入院している患者さんのサポートを行うのが主な仕事です。生活支援サービスや福祉行政機関でも働いています。家族の相談に応じたり、医療スタッフやリハビリなどの治療チームの調整役を務めたりといった、さまざまな役割を担っています。精神障害者の福祉向上が叫ばれている現在、精神保健福祉士はニーズが高まっている資格のひとつです。

精神保健福祉士の受講・受験資格

精神保健福祉士になるためには、年一回行われる精神保健福祉士試験に合格しなければなりません。福祉系4年制大学で指定科目を学んでいれば、国家試験の受験資格が得られます。しかし、卒業する学校や学んだ年数、持っている資格によっては、実務経験を求められたり養成施設で学んだりする必要があります。

・実務経験のみで受験できる場合
福祉系短大で指定科目を学んだ人は、実務経験のみで受験資格を得られます。必要な実務経験年数は、3年制の短大で1年、2年制の短大で2年となっています。

・短期養成施設等で学ぶ必要がある場合
同じ福祉系大学でも基礎科目のみ修了している場合は、短期養成施設等で最低6カ月学ぶ必要があります。福祉系大学から、そのまま短期養成施設等に入学することも可能です。しかし、短大の場合は指定科目修了者の受験資格と同様の実務経験が求められます。また、社会福祉士を取得している場合は、実務経験なしで入学が可能です。

・一般養成施設等で学ぶ必要がある場合
一般養成施設等で1年以上学ぶ必要があるのは、一般大学や短大を卒業した人および実務経験のみが4年以上ある人です。一般大学卒業の場合、実務経験は必要ありません。しかし、一般短大の場合は実務経験が必要となります。必要な実務経験年数は、3年制短大で1年、2年制短大では2年となっています。

精神保健福祉士取得費用の相場

精神保健福祉士の取得費用には、国家試験の受験費用と通う学校の学費の2種類があります。
まず、国家試験の受験費用は以下の3パターンに分かれています。

・精神保健福祉士のみ受験 17,610円
・社会福祉士と同時受験 28,140円(精神保健福祉士14,160円+社会福祉士13,980円)
・精神保健福祉士の共通科目免除による受験 14,080円

次に、学校別の学費の目安は下表の通りです。なお、2018年現在、精神保健福祉士の受験資格を得ることができる短大はありません。

また、どの学校であっても、奨学金や教育ローンの利用は可能です。養成施設の多くは、専門実習教育訓練給付制度の対象になっており、条件が合えば利用するのもよいでしょう。学費が心配な場合は、奨学金や各種制度の利用も視野に入れておきましょう。

精神保健福祉士を仕事で活かす

精神保健福祉士の活躍の場は、精神科を代表する病院などの医療施設が代表的です。そのほか、保健所や精神保健センターといった行政での仕事もあります。最近では教育機関などでも就業しています。行政機関への就職は公務員として安定した職を得ることができるため、人気が高い職場と言えるでしょう。また、最近では子供や高齢者の精神福祉の分野でもニーズが高まってきていることから、教育機関や老人保健施設などへの就職も増えています。精神面をサポートする相談援助のプロとして、これから活躍が期待される資格と言えるでしょう。