介護職系資格について

介護福祉士とは

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護サービスの中心的役割を担う国家資格です。介護職員初任者研修・実務者研修の上位に位置し、持てば転職にも有利です。介護福祉士の仕事は、「直接的に介護を行う身体介護」「家事や身の回りの世話を行う生活支援」「介護を必要とする当事者とその家族からの相談に応じる相談・助言」の3種類があります。また、施設内での介護計画の作成に加え、訪問介護ではヘルパーの指導も行うため、現場で働く介護職全体のリーダー的存在と言えるでしょう。

介護福祉士の受講・受験資格

介護福祉士になるためには4つの方法があります。まず介護福祉士を養成する専門学校等を卒業する「養成施設ルート」、次に実務経験を積んで受験資格を得る「実務経験ルート」、さらに福祉系高校の卒業者を対象にした「福祉系高校ルート」、そして経済連携協定(EPA)によって介護福祉士資格取得を目指すインドネシア人やフィリピン人、ベトナム人を対象とした「経済連携協定(EPA)ルート」の4種類です。その中でも一般的な「養成施設ルート」と「実務経験ルート」の2種類について見ていきましょう。


■養成施設ルート

国家試験を受験せずに介護福祉士になるためには、介護福祉士を養成する専門学校を卒業しなくてはいけません。高卒や一般大学卒業の場合は2年制の専門学校、福祉系大学や社会福祉士、保育士の専門学校卒業であれば1年制の専門学校を卒業すると、無試験で介護福祉士になることができます。

しかし、平成19年の法改正により、平成29年度からは養成施設卒業であっても国家試験に合格しなければ介護福祉士を名乗れなくなりました。

ただし、平成33年度末までに卒業する場合には、卒業後5年連続で介護に従事し介護福祉士として登録すれば、試験を受けることなく介護福祉士になることができます。平成34年度卒業からは、国家試験を受験して合格しなければ介護福祉士になることはできません。


■実務経験ルート

養成施設に通わずに介護福祉士になるには、まず3年以上の実務経験を積む必要があります。そして、介護福祉士実務者研修を修了することではじめて、介護福祉士国家試験の受験資格を得ることができるのです。

以前行われていた介護職員基礎研修修了だけでは介護福祉士国家試験の受験資格はありません。しかし、喀痰(かくたん)吸引等研修も修了すれば、介護福祉士実務者研修を修了していなくても受験資格を得ることができます。

介護福祉士取得費用の相場

介護福祉士の資格を取得するには、まず国家試験の受験費用15,300円がかかります(平成30年現在)。また、介護福祉士の資格取得費用は、専門学校に行くか、介護福祉士実務者研修を受講するかによって、大きく変わります。


■専門学校の費用

2年制の専門学校の場合、年間で120~150万円かかるところが多く、2年間で約300万円が必要となります。
しかし、各都道府県の福祉人材センター・福祉協議会などが貸与している介護福祉士等就学資金貸付制度という奨学金を利用すれば、おおまかにいって2年間でおよそ160万円の奨学金を受け取ることができます。卒業後該当する自治体で5年間介護業務等に従事すれば全額返還免除となるため、専門学校への進学を考えている場合には、奨学金も選択肢のひとつに加えると良いでしょう。


■介護福祉士実務者研修の費用

介護福祉士実務者研修の場合は、現在保有している資格によって受講費用に違いがあります。無資格の場合はおよそ20万円ほどかかりますが、介護職員基礎研修修了者であれば3~5万円程度で受講することができます。また、介護職員初任者研修やホームヘルパー2級を保持している場合は、6~15万円が相場となっています。

介護福祉士を仕事で活かす

介護福祉士は、あらゆる福祉の現場で活躍することができます。病院や介護施設、デイサービスや訪問介護など、福祉に関わる現場では引く手あまたの資格と言えるでしょう。職場では介護のリーダー的役割を担うことも多く、介護主任などの役職につくこともできます。また、将来的にケアマネジャーを目指す場合には、介護福祉士の実務経験が必要です。介護福祉士は福祉の仕事を続けていくうえで、活用の幅が広い資格であり、活躍の場も広がります。キャリアアップを考える場合でも、介護福祉士の資格は最初のステップとしておすすめです。