介護職系施設について

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームは、あくまでも高齢者が暮らしやすい住宅として提供されるものであり、原則として施設スタッフによる介護サービスの提供はできません。ただし、ホームによっては施設内の居室を自宅に見立てた訪問介護を利用することが可能です。そのため、訪問介護の職員として採用されたあと、住宅型有料老人ホーム内にある事業所での勤務を指示されることがあります。

また、施設スタッフとして就職する場合、介護保険を請求しない「生活支援」のなかで、おむつ交換をはじめとする介助に関わることがあるでしょう。

住宅型有料老人ホームの仕事内容

住宅型有料老人ホームの多くが、デイサービスや訪問介護事業所を併設しており、グループ企業としてトータルの介護サービスを提案するといった運営スタイルとなっています。住宅型有料老人ホームに常駐スタッフとして勤務する場合、「生活支援」が必要となるのは夜の時間帯です。そのため、夜勤のみの勤務に限定される施設もあるでしょう。訪問介護事業所に在籍し、指定された住宅型有料老人ホームのみで業務を行う場合には、日勤、夜勤のどちらもありえます。

■タイムスケジュール例

住宅型有料老人ホームにおいて、夜勤を行う場合のスケジュールを見てみましょう。

【17:00】出勤。日勤者(訪問介護担当者)からの申し送り
【17:30】夕食。自力で摂取できない人の食事介助
【18:00】口腔ケアや臥床介助
【19:00】おむつ交換や食器の片付け
【20:00】就前薬の服薬介助
【21:00】消灯、以降2時間おきに対抗やおむつ交換を行う
【5:00】朝食の準備
【6:00】起床。離床介助
【7:00】朝食。自力で摂取できない人の食事介助
【8:00】利用者の見守りを行いながら口腔ケアや記録の記入を行う
【8:30】日勤者への申し送り
【9:00】業務終了

訪問介護事業所に就職し、特定の住宅型有料老人ホームで業務を行う場合には、一般的な介護付き有料老人ホームと同じようなスケジュールとなります。

住宅型有料老人ホームの福利厚生

近年、民間企業による住宅型有料老人ホームの運営が増加傾向にあります。それぞれ、規模や受け入れの条件などが異なるため、施設の福利厚生のあり方もさまざまです。複数の施設を運営するところやグループ企業であれば、収益の安定により福利厚生を充実させる傾向にあります。まずは、応募時に詳細を確認してみましょう。

住宅型有料老人ホームのスキル・キャリアパス

住宅型有料老人ホームにおいて、スキルアップしておきたいのが医療面の知識獲得です。住宅型有料老人ホームは夜間の看護師配置を行う義務はありません。なかには訪問看護との連携で夜間対応を行っている施設もありますが、訪問介護事業所そのものが定時で終了し、夜勤スタッフが緊急時の判断を任される状況になる施設もあります。状況判断を行える医療面での知識があることで、より良い対応が可能になるでしょう。

また、そうした責任を抱えるからこそ、利用者の異変にすぐに気づける観察力や、緊急時の対応スキルは向上します。施設によっては傷口に対する簡単な応急処置を学ぶ機会もあることでしょう。生活支援という幅広いサービス提供において、あらゆる状況への対応力や判断力、介護職として重宝される知識を身に付けることができるはずです。

住宅型有料老人ホームで働くことの良さや向いている人

住宅型有料老人ホームは運営の仕組み上、夜勤専属という働き方ができます。収入の一部として、夜勤手当を確保できるため、収入面を重視する人におすすめです。また、夜勤専属の場合、1回の出勤で2日分の労働となることが多く、通勤時間にかける時間が減り、プライベートの時間を確保しやすいのもメリットのひとつです。さまざまな知識や対応を求められるケースが多いものの、その分、スキルアップできる学びの環境と言えるでしょう。