介護職系施設について

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設は病院と自宅介護の中間施設としての役割を持ち、「入院の必要度は高くないが、まだ自宅に帰れる身体状況ではない」という方が入所する施設です。主にリハビリを目的として入所することになるため、介護スタッフ以外にも理学療法士や作業療法士のような専門職と共に働くことになります。また医療的なケアが必要な人のために、24時間体制で医師や看護師が常駐しています。

介護老人保健施設の仕事内容

介護老人保健施設は、自宅に帰れる身体状況ではない人が対象であるため、要介護度が高い利用者が多いことも特徴です。また大型の施設も多いため、50名以上の利用者が入居している施設も珍しくはありません。そうした理由から、小規模の施設に比べると、肉体的な負担がかかりやすいことを理解しておく必要があるでしょう。

■タイムスケジュール例

【8:30】出勤。夜勤者からの申し送り。1日の業務の確認を行った後、利用者のトイレ誘導やおむつ交換を行う。入浴日はバイタルチェック後に入浴介助をスタートする
【11:30】昼食に備えて、休んでいる利用者の離床介助を行う
【12:00】昼食。自力で摂取できない人の食事介助
【12:30】交代でスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは利用者の見守りやコール対応を行いながら、記録の記入を行う
【13:30】レクリエーションや入浴介助、事前にトイレ誘導やおむつ交換も行う
【15:00】おやつ。自力で摂取できない人の食事介助
【15:30】一部利用者への臥床(がしょう)介助
【16:30】夕食に備えて利用者の離床介助
【17:00】夕食。自力で摂取できない人の食事介助
【17:30】業務終了

介護老人保健施設は、昼も夜も常に利用者がいる施設です。そのため業務形態によって夜勤はもちろん、早出や遅出もこなす必要があります。夜勤の場合、タイムスケジュール参考例は以下のようになります。

【17:00】出勤。日勤者からの申し送り
【17:30】夕食。自力で摂取できない人の食事介助
【18:00】口腔ケアや臥床介助
【19:00】おむつ交換や食器の片付け
【20:00】就前薬の服薬介助
【21:00】消灯、以降2時間おきに巡視や体交、おむつ交換を行なう
【5:00】朝食のための食堂準備
【6:00】起床。離床介助、整容
【7:00】朝食。自力で摂取できない人の食事介助
【8:00】利用者の見守りを行ないながら口腔ケアや記録の記入を行なう
【8:30】日勤者への申し送り
【9:00】業務終了

介護老人保健施設ではケアプランの作成や、委員会の仕事など、個人的に任される業務は多岐にわたります。夜勤の隙間時間にそうした業務を行います。

介護老人保健施設の福利厚生

介護老人保健施設は医療法人、あるいは社会福祉法人などによる運営となります。医療法人や社会福祉法人は国からの補助金があるため、安定した収益を得やすい状況にあり、就職した場合にも家族手当や住宅手当などの福利厚生が充実している施設が多いのが特徴です。

介護老人保健施設のスキル・キャリアパス

介護老人保健施設には、ケアの質を向上させるための委員会を設置する義務があります。加えて定期的な研修を行う義務もあるため、褥瘡(じょくそう)や拘束、介護技術などに関連した専門的な研修を受けることができます。介護の仕事を続けていくうえで必要となる技術や、知識を数多く学ぶことができるでしょう。

また介護老人保健施設では、ケアプランの作成は現場で働く介護スタッフが行います。施設によってはモニタリングやアセスメントまで任されることもありますが、将来的にケアマネージャーを目指している場合は実践的な知識を学べる良い機会です。

そのほか、介護老人保健施設ではリハビリ職から専門的なレクリエーションを学ぶことができたり、利用者数の多さゆえに、業務のスピード向上を自然に身につけたりできるといった利点があります。

介護老人保健施設で働くことの良さや向いている人

介護老人保健施設には24時間医師や看護師がいるため、緊急時の判断をすぐに専門職に委ねることができます。迅速な処置もその場で行うことができるため、安心して仕事にあたることができるでしょう。

また将来的にケアマネージャーを目指す人や、介護に関する知識や技術をどんどん高めていきたい人、給料面を重視する人にとって、介護老人保健施設はモチベーションを維持しやすい職場と言えるでしょう。