無資格でも転職可能!介護職のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化が進んでいる日本で注目されている職業のひとつが介護職です。介護職は、やる気と前向きな気持ちがあれば、未経験者でも転職がしやすく、正社員で安定した雇用と失業保険や厚生年金などの福利厚生を受けられます。とはいえ、介護業界に不安を持っている人もいるでしょう。

そこで、介護職の種類や取得したい資格、無資格から働くことのメリットなどについて解説していきます。

大きく分けて2種類ある介護の仕事

介護の仕事は、大きく分けて自宅で介護サービスを受けられるいわゆる「居宅(在宅)サービス」と施設に入居して受ける「施設サービス」があります。

ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

自宅を訪問して介護をする「在宅サービス」

在宅サービスは、利用者の自宅などを訪問して介護を行います。一般的にヘルパーといわれる仕事です。

食事や排泄、入浴といった直接利用者の体にふれる「身体介護」と、調理や掃除、洗濯、買い物といった直接利用者の体にふれない「生活援助」に分かれます。

入所している人の介護を行う「施設サービス」

施設サービスは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護老人保健施設(老健)などに入所している人への介護を行います。食事や排泄、入浴などのサービスのほか、ベッドからの離床や車椅子や歩行器での移動介助、歯磨き、更衣など、生活する上で必要なさまざまなことを行います。

無資格でもできる介護の仕事

介護の仕事には、資格がなくてもできるものもあります。

デイサービスなどの通所介護や特別養護老人ホームなどの施設などでは、無資格でも介護職員として働くことができますが、介護対象者の生活や家事の手伝いを行う生活援助業務や身体介護などを、訪問介護員として、無資格で行なうことはできません。

介護業界で働く上で取得したい資格

介護業界は、未経験でも働くことができる業界ですが、スキルアップや業務範囲を広げるためにも資格取得は視野に入れておきたいところです。

ここでは、初めに取得したい「介護職員初任者研修」と、実務を3年以上経験することで受験資格ができる「介護福祉士」についてご紹介します。

最初に取得したい「介護職員初任者研修」

介護における基礎知識やスキルを証明する介護職員初任者研修は、2013年3月以前は「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格です。

経験や学歴など、受講する上での条件がないため、介護業界で働く上で、初めに取得しておきたい資格です。

実務3年以上で受験資格ができる「介護福祉士」

介護福祉士は、医師や看護師、保育士などと同じく国家資格です。

この資格を取得することで、資格手当として給料やパートの時給でも優遇されることが多いため、働く上で大きなメリットもあります。

養成施設や福祉系の高等学校を卒業していない場合、介護福祉士の受験資格の要件が、3年の実務経験と実務者研修の修了です。そのため、資格取得前に働き始めることで、より早く介護福祉士の資格が取得できることになります。

無資格から介護業界で働くメリット

資格があったほうが転職に有利ではありますが、そのための時間と費用がかかってしまいます。いざ資格を取って働いてみたものの、介護職が合わないと感じる可能性もあるでしょう。しかし、無資格から働くことで、費用をかけずに介護の仕事が自分に合うかまず確かめることができます。

また、無資格で働くことの最大のメリットともいえるのが、資格を取りやすくなることです。介護福祉士の取得条件である3年の実務を、より早くスタートできます。また、未経験とは違い経験がある分、介護の知識や技術が頭に入りやすいため、勉強がスムーズに進むようになるはずです。

無資格で就職面接を受けるときのアピールポイントは?

介護人材が不足しているとはいっても、資格を持っている人のほうが就職に有利であることは間違いありません。

そこで、無資格で就職面接を受けるときに覚えておきたいアピールポイントをご紹介します。

今までの経験をアピールする

介護職や介護ボランティアの実働経験がある人は、それらの経験をアピールしましょう。経験がない人はこれまでの職歴やアルバイト歴から、介護職に活かせることを探してみるといいでしょう。

例えば、高校時代にアルバイトで接客業をしていた人は、その接客スキルを施設利用者さんの対応に活かせることをアピールすることができます。ほかにも、販売業ではお客さんにお礼を言われてうれしかった経験や、エステティシャンとしてお客様に直接ふれた経験があるなど、介護に関係しそうなことであればアピールポイントになります。

面接をする前に、これまでの経験を振り返ってみてはいかがでしょうか。

コミュニケーションスキルをアピールする

コミュニケーションスキルは、介護サービス利用者との会話だけでなく、同僚とのコミュニケーションにも役立ちます。

スタッフ間の人間関係が嫌になり辞めてしまう人も多く、それに困っている施設も少なくありません。同僚となるスタッフと良い関係を作れる自信がある人は、経験を交えて面接官にアピールしましょう。

介護業界で自分の能力を活かそう

高齢化が進むにつれて、これからますます需要が多くなる介護職。資格がなくても未経験者でも、介護業界への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加