介護職の夜勤はつらい?夜勤の仕事内容の実態とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入居型の介護施設の求人情報でよく見かける「夜勤」の文字。これまで介護職自体が未経験の方の中には、夜勤の仕事を不安に思い、その求人を選択肢から外す方もいるようです。

しかし、夜勤の業務内容は日勤とそれほど変わらず、多くの施設では日勤から始めて、徐々に経験を積みながら夜勤に入ることが多いため、それほど心配することはありません。

また、現在、ほとんどの施設で夜勤の仕事は人手不足になっているため、中には給与や手当を増額して、応募者を増やそうとしているところもあります。

もし、夜勤も選択肢に入れられるのであれば、選べる求人件数が増えるだけでなく、金銭的なメリットも得られるでしょう。

このように、夜勤は魅力的な一面もある仕事です。ここでは、夜勤の仕事をしたことがないという方のために、業務の実態やメリット・デメリットをご紹介します。

介護職の夜勤、その仕事内容

介護職の夜勤の仕事内容は施設ごとに異なりますが、基本的には日勤とほとんど変わりません。

簡単にいうと、就寝前後から起床前後までの生活介助が仕事内容となり、日勤のような入浴介助やレクリエーションといった業務がない分、仕事は少ないともいえます。

施設によっては、寝静まった後の巡回業務がメインとなるため、仮眠室を設けて休憩できる体制をとっているところもあります。

後述しますが、日勤と同様、救急時の対応も業務です。

夜勤の業務時間

夜勤の仕事は何時から何時までなのか。これも施設ごとに異なりますが、入居施設の多くが、1日を2つの時間帯に分けた「2交代制」と、1日を3つの時間帯に分けた「3交代制」をとっています。

2交代制と3交代制は一般的に以下のような業務時間となります。

<2交代制の業務時間例>

日勤:8時~17時
夜勤:16時~翌9時

この勤務体制で夜勤をする場合、夕食や就寝準備なども含まれます。

<3交代制の業務時間例>

早番:6時~14時
遅番:14時~22時
夜勤:22時~翌6時

この勤務体制で夜勤をする場合、出勤時にはすでに入居者の多くが寝ているため、巡回業務から起床後の準備までが仕事になります。

スタッフの人数にもよりますが、交代制で夜勤を行っている施設は、一般的に月に4~5回夜勤に入ることが求められます。ただし、夜勤の上限回数には法的な制限がないため、それ以上になる可能性もあります。

夜勤の仕事の流れ

ここでは、ある施設の2交代制勤務を例に夜勤のタイムスケジュールについてご紹介します。

<夜勤のタイムスケジュール例(2交代制)>

・16:00 出勤~業務引き継ぎ
日勤のスタッフから利用者の様子や体調の変化、服薬に関する情報を共有して業務を引き継ぎます。

・18:00 夕食の準備から食事・服薬介助
夕食の準備や食事介助、服薬介助を行います。

・20:00 就寝準備
トイレ介助やおむつ交換、歯磨き、寝間着への着替え、ベッドへの移乗など、就寝に向けた準備を行います。

・22:00 消灯・巡回
消灯後は1~2時間に1回の夜間巡回を行います。利用者の体調に変化がないか、呼吸状態に問題がないかをチェックし、必要に応じて寝がえりの介助やトイレ誘導、おむつ交換を行います。

・23:00 庶務
巡回の合間に介護記録の作成など、庶務を行います。

・3:00 仮眠
複数のスタッフで夜勤対応している場合は、交代制で夜食を食べたり仮眠室で仮眠したりします。

・6:00 起床~朝食、服薬介助
起床時は、車いすへの移乗、着替えやトイレ、整容の介助を行います。それが済むと、朝食の準備から食事介助、服薬介助を行います。
施設によっては、起床から朝食までの特に忙しい時間だけパートタイマーがサポートに入り、仕事を手分けして行っているところもあります。

・8:30 業務申送り
日勤スタッフが出勤したら、利用者の様子を共有します。

・9:00 退勤

夜勤は何人体制になる?

夜勤の人員体制については、厚生労働省によって以下のように定められています。

<厚生労働省が定めた夜勤の配置基準>

・特別養護老人ホーム:利用者25人につき、1人以上配置
・介護老人保健施設:利用者20人につき、1人以上配置
・グループホーム:利用者9人につき、1人以上配置
・小規模多機能型居宅介護:利用者9人につき、1人以上配置

日勤より遥かに少ない人数のため、トイレ介助などが必要な介護度の方が多い施設では、起床時に忙しくなる可能性があります。

夜勤時の救急対応

夜勤で救急対応が求められる場合は、冷静に対処しなければなりません。

まずは、利用者の様子を確認するためにバイタルを測定し、看護師や医師に連絡をします。病院に搬送する場合は、救急車を呼びます。

夜勤時に救急対応が必要になった施設は3割程度

救急対応というと不安に思う方もいらっしゃると思います。しかし、日本医療労働組合連合会の調査によると、夜勤時に救急対応が発生した割合は、調査した介護施設のうち30.5%程度と、比較的少ない結果となりました(「医療労働598号」2017年2月)。

救急対応が多かった施設の種類としては、特別養護老人ホームと介護老人保健施設で40%台でした。

夜間時のケガ

グループホームや介護老人保健施設など、歩ける人の多い施設では、歩行時に利用者が転んでケガをするリスクがあります。

夜間とはいえ認知症による徘徊や夜間のトイレなどで施設利用者が歩くことはありえます。その場合は、夜間の見回りの際にしっかりと確認をし、さらに徘徊やトイレに利用者が行くのを確認したら、見守りや声掛けをする必要があります。

介護職の夜勤のメリット

ここまでご紹介したとおり、夜勤は楽とは言い切れない仕事ではありますが、一方で以下のような夜勤ならではのメリットがあります。

1. 夜勤手当がもらえる

夜勤のメリットとして、夜勤手当がもらえることが挙げられます。夜勤手当とはその名のとおり、夜勤をしたことに対して支払われる手当のことです。

夜勤手当は1回あたり、5,000~10,000円が相場となっています。そのため、月4回入った場合、月間にして約20,000~40,000円、年間にして約24万~48万円の夜勤手当がもらえることになります。

2. 連休気分が味わえる

日勤と夜勤を続けて勤務する連続勤務(通し夜勤・ロング夜勤)の場合は、翌日が休みになるケースが大半です。そのため、夜勤明けの朝から、翌日も含めた連休気分を味わえることもメリットでしょう。

介護職は連休や長期休暇が取りづらい仕事のため、夜勤明けの休みを活用して自分の好きなことを楽しむのもいいかもしれません。

3. 選べる求人が増える

前述したように、多くの施設で夜勤は人手不足となっています。そのため、夜勤対応のある施設を選択肢に入れると、選べる求人の数が格段に増えます。

給与面などの条件がよい施設に出会える可能性が高くなりますので、夜勤対応も視野に入れて転職活動を進めることをおすすめします。

介護職の夜勤のデメリット

一方、夜勤のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。一般的にいわれている夜勤のデメリットをご紹介します。

1. 体調を崩しやすい

まず、体調を崩しやすいことがデメリットとして挙げられます。日勤の次の日が夜勤であったり、24時間の勤務となる通し夜勤があったりと、生活リズムが一定でなくなり、疲労が蓄積してしまうことで、心身ともに疲弊してしまう可能性があります。ただし、これらの問題は、十分な睡眠を取って体力を回復させることで解消できます。

マイナビ介護職のキャリアアドバイザーは、夜勤で体調を崩した経験のある方には、その状況をしっかりとヒアリングさせていただきます。

場合によっては夜勤という働き方に適性がなかったのではなく、人員体制や利用者の状況など、仕事環境の問題で体調に影響が出た可能性もあるためです。なお、人によっては体質が合わないという場合もありますので、そういった方には夜勤をおすすめしておりません。

2. 救急対応への不安が付きまとう

夜勤は看護師やスタッフが少ないので、慣れと経験がなければ夜間の救急対応を不安に感じることでしょう。しかし、前述したとおり、初めのうちは業務に慣れるよう、日勤のみのシフトになることが多いようです。

また、救急対応は日勤でも発生する可能性が十分あり、看護師や救急隊員などの指示に従って冷静に行動すれば問題ありません。

夜勤専従という働き方

ここまで、日勤として働く中で月に数回の夜勤があるという話をしてきましたが、夜勤のシフトだけに入る「夜勤専従」という働き方もあります。

この働き方の一番のメリットは、毎回、夜勤手当が付与される分、日勤よりも収入が多いという点です。施設によって賃金に違いはありますが、東京都の求人であれば初任者研修(ホームヘルパー2級)の有資格者で、1勤務あたり約21,000円、介護福祉士の有資格者で1勤務あたり約23,000円という条件で募集されているケースが多いようです。月に20日、夜勤専従として勤務すれば、月収約40万円以上が期待できるのです。

また、夜勤専従にすることで生活リズムが崩れにくく、体調に影響が出にくいというメリットもあります。

夜勤のやりがいやメリットに共感できる方や、夜勤が苦にならないという方は、夜勤専従という働き方を視野に入れてもいいかもしれません。

夜勤の求人を選ぶ際の注意点

ここでは、夜勤の求人を選ぶ際にチェックすべき注意点をご紹介します。

必要とされる介護のレベル

特別養護老人ホームとグループホームでは、必要とされる介護のレベルが変わります。また、入居している方によって介護のレベルは変わります。未経験の方や経験の浅い方は、自分のスキルと必要となる介護のレベルを比較するようにしましょう。

夜勤体制

「2交代制なのか3交代制なのか」「夜勤専従のスタッフはいるのか」「勤務時間はどうなっているのか」「月に何回夜勤が必要になるのか」といった体制をチェックしましょう。

仮眠は取れるのか

仮眠は、ほぼどこの施設でも取れますが、念のため休憩時間や仮眠の有無もチェックしておきましょう。

迷ったらマイナビ介護職にご相談を

夜勤は、キャリアアップにもつながる経験となりますから、どうしても体質に合わないという場合以外は、一度考えてみることをおすすめします。

マイナビ介護職のキャリアアドバイザーにご相談いただければ、あなたに合った施設のご紹介をいたします。また、未経験の方には、介護職や夜勤の働き方についてもご説明いたします。介護職への転職を検討している方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

"マイナビ介護職"では、完全無料で
あなたの転職をお手伝いします。
ぜひお気軽にご相談ください!

未経験でも大丈夫!初めての介護職で転職が不安なあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

山本和樹

マイナビ介護職 キャリアアドバイザー

地方・都市部両方で紹介業務を行い、今までに20代~60代の転職サポートを成功させている。面談した人数は1000人以上。
趣味はサッカー。単身赴任中で妻に会うため新幹線予約の技が磨かれた。

おすすめの求人特集

新しい場所で働きたい!オープニングスタッフ募集

収入をアップさせたい!高収入特集

休みが多い方が良い!年間休日110日以上特集

住宅補助が手厚いから安心!住宅手当付き特集

関連記事

働き方

介護職の接遇マナーの基本を心得る!新人さん必読 チェックリストつき

介護サービスの利用者の多くは、私たちよりも社会経験が豊富な人生の先輩た...(続きを読む)

働き方

介護士の離職多数で、気づくと派遣ヘルパーが8割を占めていた有料老人ホーム

「社員は次々と辞め、いつの間にか周囲は派遣スタッフばかり……」。そうし...(続きを読む)

働き方

【介護労働実態調査から読み解く介護スタッフのリアル】就業形態から給料、仕事の満足度まで

介護業界には、「自分の職場以外の介護現場は、ほとんど知らない」という方...(続きを読む)

働き方

介護の仕事がもっと好きになる! 読んでおきたい介護マンガ

世の中には、介護をテーマにした本がたくさんあふれています。けれども、よ...(続きを読む)