介護職系施設について

通所介護(デイサービス)とは

通所介護(デイサービス)とは

通所介護(デイサービス)とは主に65歳以上の利用者が直接施設に足を運び、必要な介護を受ける形で提供される介護サービスです。自宅で過ごす利用者を対象としていることから、通常施設から自宅への送迎までを含めたサービスとなります。入居施設を併設しているデイサービスであれば、建物の移動のみで送迎の負担はあまりありません。

通所介護(デイサービス)の仕事内容

デイサービスは、日中の決められた時間帯のみの介護補助を行うところであり、夜間の介護は必要ありません。そのため、多くの施設では、早出や遅出という勤務体制を定めることはなく、夜勤もありません。

■タイムスケジュール例

【8:00】出勤、1日の予定や当日サービス利用予定の利用者を確認し、送迎車で迎えに行く
【9:00】送迎終了。利用者のバイタルチェックやトイレ誘導を行い、入浴介助スタート。入浴がない利用者はレクリエーションや機能訓練を行うため、そのサポートを行う
【11:30】入浴介助終了、昼食の準備
【12:00】昼食。自力で摂取できない人の食事介助
【12:30】一部のスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは利用者の見守りをしながら記録物の記入を行う
【13:30】体操やゲームなどレクリエーションを行う
【15:00】おやつ。自力で摂取できない人の食事介助
【15:30】トイレ誘導やおむつ交換を行い、帰る前の準備をする
【16:00】利用者の送迎を行う
【16:45】送迎先から戻る。残りの時間でミーティングを行う
【17:00】業務終了

リハビリを中心に行うところや、午前と午後で利用者が入れ替わるところなど、施設によってサービス内容はさまざまです。提供するサービス内容が変わると業務も大きく変わるため、上記の流れとは大きく異なることもあります。

通所介護(デイサービス)で働く場合の福利厚生

デイサービスは医療法人や社会福祉法人だけではなく、民間企業による運営も行われています。医療法人や社会福祉法人は国からの補助金も多く、安定した収益を得やすいため、家族手当や住宅手当が充実していることが多い傾向にあります。また、民間企業が運営する場合でも、通勤手当や退職金が用意されているところは多く、遠方からの通勤も可能です。

通所介護(デイサービス)で働く場合のスキル・キャリアパス

デイサービスは在宅でも生活できる方が対象であるため、介護度の低い利用者が多いのが特徴です。
日中を過ごすなかでレクリエーションの時間が長いことから、レクリエーションに関する知識が自然と身につきます。レパートリーが増えるだけではなく「身体状況の異なる利用者が一様に楽しめる」「リハビリとしての意味合いを持たせる」といった、より専門的な知識を身につけることができることでしょう。

デイサービスで働くことの良さや向いている人

デイサービスはレクリエーションについて数多くのことを学ぶことができるため、レクリエーションに関する知識を深めたい人に適した環境と言えます。

また、デイサービスには夜勤がなく、遅出や早出といったシフト制を定めない施設も多くあります。出勤と退勤時間がある程度想定できることから、子育て中の世代でも働きやすい環境と言えるでしょう。