「介護士が転職する理由」から見えてきた、 長く活躍できる職場とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職先を探すときは、多くの人が「いつまでも働き続けられる職場と出会いたい」と思うことでしょう。けれども、現実はそう上手くはいかない、という人も少なくないはず。そこで、みんなの「転職を決めた理由」から、長く活躍できる職場の条件を探ってみました。

    介護職の4人に1人が、「給与・待遇」への不満から転職を決意!

    『マイナビ介護職』が登録者に実施したアンケート調査(2017年9月~2018年5月)によると、転職を決めた理由としてもっとも多かったのは「給与・待遇」(24.3%)。実に、4人に1人が現在の収入や労働条件への不満から、新しい職場を探しているという事実が浮き彫りになりました。つまり介護業界には、「現状の給与や待遇に満足していない」と感じている人が多いことがわかります。

    次に多くの人が転職理由として挙げたのは、「スキルアップ」(12.2%)。職場を変えることによって、今以上に多くの学びを得たいという前向きな理由で、新たな職場に飛び込みたいと考えている人が少なくないようです。その一方で、「先が見えてしまい、モチベーションがキープできない......」という人もいるのかもしれません。

    非正規雇用のスタッフが多い業界ということもあってか、3番目に多かったのが「雇用形態・働き方」(11.7%)という声。そのほか、「人間関係」(10.2%)や「社風・方針」(9.7%)といった、職場のソフト面を気にして転職を決意した人も多いようです。

    図1:転職理由

    kaigo-longtime_img01.jpg

    (出典:『マイナビ介護職』登録後アンケートの回答結果 2017年9月~2018年5月より)

    年代によって、転職を決める際のポイントはさまざま

    では、年代別では転職理由にどのような違いがあるのでしょうか。さっそく、結果を見ていきましょう。20代・30代・40代・50代いずれの年代においても、「給与・待遇」が1位にランクイン。年代を問わず、介護職の多くが転職することで、収入や条件を改善したいと考えていることがよくわかります。

    ところが、2位以下の転職理由は年代によって大きく異なるようです。例えば、20代は2位に「雇用形態・働き方」がランクイン。非正規雇用として働いている人が多いのか、それとも安定志向が強いのか、このような結果となりました。

    30代は2位に「社風・方針」、3位に「人間関係」がランクインしていることから、ソフト面を重視する傾向が強いようです。また、40代は「スキルアップ」が2位にランクイン。これまでの経験を活かし、自分の力を試してみたいと考えている人が多いといえるでしょう。

    ところが50代になると、「スキルアップ」よりも「人間関係」を重視する傾向のようです。年齢的にも「最後の転職先を探したい」という気持ちが他の年代よりも強くなり、職場の人間関係を気にする人が増えているのかもしれません。

    図2:年代別転職理由

    kaigo-longtime_img02.jpg

    (出典:『マイナビ介護職』登録後アンケートの回答結果 2017年9月~2018年5月より)

    みんなの転職理由に目を向ければ、「一生ものの職場」が見つかるかも?

    年代によって優先順位は異なるものの、介護職が転職したくなる理由の7割近くを、「給与・待遇」「スキルアップ」「雇用形態・働き方」「人間関係」「社風・方針」が占めています。つまりは、これらのポイントを抑えて転職活動を行えば、「一生ものの職場」と出会える確率がグンと高まるといえるでしょう。

    「給与・待遇」「雇用形態・働き方」については、求人情報を確認すればある程度は理解できるはず。特に、給与をチェックする際は、賞与の回数や給与の何カ月分が支給されるのか、昇給はどのくらいあるのかも細かく確認しましょう。そのほか、資格手当や住宅手当などの諸手当についても、しっかり把握するようにしてください。

    「スキルアップ」「人間関係」「社風・方針」については、職場見学や面接で現場を訪れた際に確認するのが有効。「スキルアップ」については評価制度の仕組みをしっかり教えてもらうほか、実際に働いている人が何年目でどういったポジションに就いているかもヒアリングすると、自身の将来がイメージしやすくなるでしょう。「人間関係」や「社風・方針」を知るためには、職場見学に訪れた際のスタッフの対応や、利用者さんとの接し方を実際に見て判断するのがベスト。また、社員の定着率が高い職場は、人間関係がよく働きやすい職場であるケースが多いので、人事担当者に離職率を質問してみるといいと思います。

    介護職が長く働ける職場は、「給与・待遇」「スキルアップ」「雇用形態・働き方」「人間関係」「社風・方針」に満足できる施設。転職活動をスタートさせる際は、ぜひこの5つのキーワードに注目して職場選びを行ってみてください。

    "マイナビ介護職"では、完全無料で
    あなたの転職をお手伝いします。
    ぜひお気軽にご相談ください!

    未経験でも大丈夫!初めての介護職で転職が不安なあなたへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの求人特集

新しい場所で働きたい!オープニングスタッフ募集

収入をアップさせたい!高収入特集

休みが多い方が良い!年間休日110日以上特集

住宅補助が手厚いから安心!住宅手当付き特集

関連記事

転職ノウハウ

看護助手への転職で大事な志望動機のまとめ方と面接の伝え方

看護助手は、その名前のとおり看護師のサポートが主な仕事です。注射や採血...(続きを読む)

転職ノウハウ

生活相談員の転職でカギとなる志望動機のまとめ方と面接での伝え方

施設の顔として、利用者とその家族に接し、ケアマネージャーや介護士、医療...(続きを読む)

転職ノウハウ

生活相談員が「辞めたい」と思ったときに考えたい今後のこと

生活相談員は、介護施設の入退所手続きから利用者とその家族の相談援助の他...(続きを読む)

転職ノウハウ

社会福祉士の転職を成功に導く志望動機のまとめ方と面接での伝え方

ハンディキャップのある方の生活支援を担う社会福祉士は、社会福祉専門職の...(続きを読む)