介護職系施設について

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは「サ高住(さこうじゅう)」とも呼ばれ、単身または夫婦世帯の高齢者が入居することができる住宅施設です。内部は完全バリアフリー化されており、日中は介護福祉士やケアマネージャーといった介護の専門家を配置することが義務付けられています。

サービス付き高齢者向け住宅は、安否確認と生活相談を行うことが前提であり、そのサービスを行ったとしても、費用を介護保険請求することはできません。介護が必要になった場合、通常は介護保険制度に基づき、特定施設入居者生活介護や訪問介護として必要なサービスをします。施設によっては、併設した訪問介護事業所の名義で雇用したのち、特定のサービス付き高齢者向け住宅に派遣するかたちで介護サービスが提供されています。

サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅の働き方は、デイサービス併設型と訪問介護利用型のどちらに勤めるかによって大きく異なります。訪問介護を利用するサービス付き高齢者向け住宅の場合、昼間のおむつ交換や食事介助、入浴介助なども行います。しかしデイサービス併設型の場合、そのような業務はデイサービスで行うため、夜間のおむつ交換や見守りがメインの業務になります。

■タイムスケジュール例

【8:30】出勤。夜勤者からの申し送り、1日の業務の流れの確認
【9:00】入浴介助スタート、入浴がない入居者の臥床(がしょう)介助
【11:30】昼食のために休んでいる入居者の離床介助
【12:00】昼食。自力で摂取できない人の食事介助
【12:30】交代でスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは入居者の見守りを行いながら記録の記入
【13:30】掃除や個人的な仕事の処理などを行う
【15:00】水分補給
【17:00】夕食。自力で摂取できない人の食事介助
【17:30】業務終了

訪問介護を利用するスタイルで運営されているサービス付き高齢者向け住宅では、上記のような流れで昼間に業務に入ります。ただし夜勤の流れは訪問介護利用型、デイサービス併設型のどちらにおいても大きく変わることはありません。参考として、夜勤業務の流れも以下にまとめます。

【17:00】出勤。日勤者からの申し送り、自力で摂取できない人の食事介助
【17:30】口腔ケアや臥床介助
【18:00】食器の片付けや、起きている入居者のトイレ介助の対応
【20:00】服薬介助
【21:00】消灯、以降2時間おきに巡視や体位交換やおむつ交換、記録の記入
【5:00】エプロンや手ふきの用意など食堂の準備
【6:00】起床。離床介助、整容
【7:00】朝食。自力で摂取できない人の食事介助
【7:30】口腔ケアやトイレ介助
【8:00】入居者の見守りを行いながら記録の記入
【8:30】日勤者への申し送り
【9:00】業務終了

訪問介護を利用するサービス付き高齢者向け住宅の場合、昼間はデイサービスに行く必要がありません。そのような理由から、食事は居室で摂ってもらい、朝の離床介助がないところもあります。このように細かい業務の流れは施設によって若干異なります。

サービス付き高齢者向け住宅の福利厚生

サービス付き高齢者向け住宅は、社会福祉法人や医療法人だけではなく、民間企業も運営することができます。社会福祉法人や医療法人は国からの補助金も多く、充実した福利厚生が用意されていることも珍しくありません。
民間企業が運営しているサービス付き高齢者向け住宅の場合、その福利厚生のあり方はさまざまです。サ高住は急激に増えているので、施設によって質の面では大きな差があります。しかしくまなく探すと、住宅手当や家族手当のような充実した手当や福利厚生が用意されているところもあります。

サービス付き高齢者向け住宅のスキル・キャリアパス

サービス付き高齢者向け住宅に入居している方の介護度はさまざまであり、自立に近いような方から、ほぼ寝たきりの方までいます。そのため、要介護度別に異なる対応法を体験し学ぶことができるでしょう。
また、福祉用具をレンタルする事業所を併設する施設では、福祉用具の種類や使い方、必要な人への提案力などを学べる環境にあります。

サービス付き高齢者向け住宅で働くことの良さや向いている人

サービス付き高齢者向け住宅は、介護サービスを別に提供する形の住宅であり、「居宅生活向けのケアプラン」の組み方を知る良い機会です。居宅ケアマネを目指す人にとっては、学びやすい環境と言えます。

またサービス付き高齢者向け住宅には、介護の必要度が低い入居者が多いのも大きな特徴です。そのため、おむつ交換や移乗介助などによる体力的な負担も軽減されやすい職場と言えるでしょう。