介護職系施設について

通所リハビリテーションセンターとは

通所リハビリテーションセンター(デイケア)とは

通所リハビリ(デイケア)とは、日帰りで理学療法・作業療法・言語聴覚療法など必要なリハビリを受けることができる介護サービスです。デイサービスと似ていますが、リハビリによる機能回復に重点を置いた施設であることから、理学療法士や作業療法士といった専門職が多く配置されているのが大きな特徴です。補助のために介護スタッフも一緒にリハビリを行う機会もあるため、デイケアならではの学びも数多くあります。病院などに併設されていることも多いです。

通所リハビリテーションセンター(デイケア)の仕事内容

デイケアはリハビリを目的とした施設ではありますが、デイサービスと同じように、家族の介護負担軽減も一つの目的です。そのため介護スタッフは、入浴介助や食事介助も日常的に行います。

■タイムスケジュール例

【8:00】1日の流れや利用者を確認して送迎に出発
【9:00】送迎終了。一部の利用者は、階段の昇降訓練や可動域訓練など理学療法士、作業療法士などによる訓練開始。介護スタッフはリハビリのサポートや、リハビリに参加していない利用者のレクリエーション、入浴予定の利用者の入浴介助を行う
【12:00】昼食。自力で摂取できない人の食事介助
【12:30】交代でスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは、利用者の見守りをしながら記録の記入を行う
【13:30】レクリエーションや、機能訓練を行う
【15:00】おやつ。必要にあわせて食事介助
【15:30】利用者のトイレ誘導やオムツ交換。利用者の帰宅準備
【16:00】利用者を自宅へ送迎する
【16:45】送迎終了。1日の反省やミーティングを行う
【17:00】業務終了

デイケアは、デイサービス同様に昼間のみのサービス提供であるため、夜勤はありません。また、早出や遅出もないところがほとんどです。

通所リハビリテーションセンター(デイケア)で働く場合の福利厚生

デイケアは医療法人か社会福祉法人による運営が大半を占めます。医療法人と社会福祉法人は国や自治体からの補助金も多く、安定した収益を得やすいため、充実した手当を行っているところが多い傾向にあります。退職金や交通費、住宅手当や家族手当といった福利厚生を用意しているところも多いため、応募時に確認してみましょう。

通所リハビリテーションセンター(デイケア)で働く場合のスキル・キャリアパス

デイケアは主に在宅で生活する利用者を対象としたサービスです。比較的介護度が低い利用者も多く、コミュニケーションがとりやすい環境にあります。また、デイケアでは介護スタッフがリハビリに介入する場合もあり、専門的なリハビリの知識や、介護にも使える応用知識が学べる環境と言えるでしょう。より良い動作を行うスキルを身につけることで、より質の高いケアの提供ができるようになります。

通所リハビリテーションセンター(デイケア)で働くことの良さや向いている人

デイケアは夜勤だけではなく、早出や遅出という勤務スタイルがほとんどありません。夜勤手当や早出手当のような収入は期待できませんが、その他の送迎手当や福利厚生が充実しているところも多く、「昼間だけで働きたいけど、納得できる手当が欲しい」という人におすすめです。そのほか、リハビリの知識や専門的なレクリエーションを学びたい人にとっても、デイケアはより良い職場と言えるでしょう。