介護職系施設について

一般型ケアハウスとは

一般型ケアハウス(一般型軽費老人ホームC型)とは

一般型ケアハウス(一般型軽費老人ホームC型)とは、日常生活に不安がある高齢者を受け入れる入居施設です。通常60歳以上、または夫婦のどちらかが60歳以上が入居対象です。介護型と異なり、一般型ケアハウスは入居施設であるため、介護が必要な方は訪問介護やデイサービスのような、外部サービスを利用し入居生活を続けることが可能です。施設によっては訪問介護やデイサービスのような事業所を併設しているところもあります。

訪問介護事業所を併設している場合、入居者は1日中ケアハウス内で過ごすことができます。しかしデイサービスのような通所施設を併設している場合「昼間はデイサービスで過ごし、夜間のみケアハウスで過ごす」という生活を送る入居者が多くなります。そのため、併設されている事業所によって働き方も変わります。

一般型ケアハウスの仕事内容

一般型ケアハウスに訪問介護事業所が併設されている場合、訪問介護事業所のスタッフとしてケアハウスの入居者に、昼夜の介護サービスを提供することがあります。一方、デイサービス併設の場合は、夜勤のみで働くケースが目立ちます。いずれの場合においても入居者のオムツ交換やトイレ介助を行いますが、夜勤のみで働く場合は入浴介助を行うことはほとんどありません。

■タイムスケジュール例

【8:30】出勤、申し送り、入浴介助スタート、入浴がない入居者の臥床(がしょう)介助
【12:00】昼食。自力で食べることができない人の食事介助
【12:30】交代でスタッフ休憩。休憩に入らないスタッフは見守り、コール対応、記録の記入を行う
【13:30】掃除や個人的な仕事の処理
【15:00】水分補給
【17:00】昼食。自力で食べることができない人の食事介助
【17:30】業務終了

訪問介護型の一般型ケアハウスで働く場合、このような流れで昼間に業務に入ります。一方夜間は、訪問介護事業所併設型、デイサービス併設型、どちらにおいても同じようなタイムスジュールになります。

【17:00】出勤、日勤者からの申し送り
【17:30】夕食が終わった人の口腔ケア、臥床介助
【18:00】オムツ交換、起きている方のトイレ誘導
【20:00】眠前薬配役
【21:00】消灯、以降2時間おきに巡視、体位交換、おむつ交換
【5:00】朝食のための食堂準備【6:00】起床、離床介助、整容
【7:00】朝食、自力で食べることができない人の食事介助
【7:30】朝食が終わった人の口腔ケア、トイレ誘導
【8:30】日勤者への申し送り
【9:00】業務終了

デイサービス併設型の一般型ケアハウスでは、ほとんど介護を行わないところもありますが数は多くありません。多くの一般型ケアハウスでは、オムツ交換やトイレ誘導のような介護を行います。ただし見守り以外の援助を必要としない人も少なくはないため、介助を行う頻度は多くはありません。

一般型ケアハウス(一般型軽費老人ホームC型)で働く場合の福利厚生

一般型ケアハウスは、法人の種類に関係なく運営することが可能ですが、社会福祉法人や医療法人運営の施設が数多く見つかります。社会福祉法人、医療法人はいずれも国や自治体からの補助金が多いため、それだけ手厚い福利厚生を期待できることでしょう。また、交通費や退職金だけではなく、家族手当や資格手当のような手当を用意している一般型ケアハウスも多くあるため、応募時に確認してみましょう。

一般型ケアハウス(一般型軽費老人ホームC型)で働く場合のスキル・キャリアパス

一般型ケアハウスに入居している方は、訪問介護やデイサービス、他にも福祉用具のレンタルなどさまざまな外部サービスを利用することになります。そのため将来的に居宅ケアマネを目指している場合、一般型ケアハウスへの転職は、介護サービスの仕組みを学ぶ良い機会になることでしょう。

一般型ケアハウス(一般型軽費老人ホームC型)で働くことの良さや向いている人

一般型ケアハウスではさまざまな居宅介護サービスの組み合わせを目の当たりにすることができるため、居宅ケアマネを目指している人は数多くのことを学ぶことができます。また、夜勤専属という働き方を採用している施設も多いため、時間固定で働きたい人にも向いています。

さらに「朝の時間帯、入居者はデイサービスに行き、ケアハウス内にいないため、業務終了間際に急な業務が入る心配がない」「訪問介護でサービス提供できる時間はケアプランで決められている」といった理由から、残業が発生しにくい環境です。プライベートの時間を大切にしたい人にも、一般型ケアハウスはおすすめです。