介護職系施設について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、自宅から通うのを基本として、通常要介護1以上の高齢者に、デイサービス、訪問介護、ショートステイから状況に応じて利用してもらう介護サービスです。そのため小規模多機能型居宅介護で働く場合、さまざまな部署を担当することがあります。それぞれの介護サービスの仕組みは大きく異なるため、働き方も変わります。面接の際に、どのような働き方になるか確認しましょう。

小規模多機能型居宅介護の仕事内容

小規模多機能型居宅介護で提供されるデイサービス、訪問介護、ショートステイはそれぞれ働き方が大きく異なります。業務も異なるため、それぞれについてのタイムスケジュール例を以下にまとめます。

■デイサービスのタイムスケジュール例

【8:00】出勤、一日の流れの確認、利用者の送迎
【9:00】送迎先より戻る、入浴がある人の入浴スタート
【12:00】昼食、自力で食べることができない人の食事介助
【12:30】交代でスタッフ休憩、休憩に入らないスタッフは利用者の見守り、コール対応、記録記入
【13:30】レクリエーションや野外活動
【15:00】おやつ、自力で食べることができない人の食事介助
【15:30】トイレ誘導や帰る前の準備
【16:00】利用者の送迎を行う
【16:45】送迎先から戻る。ミーティング
【17:00】業務終了

デイサービスの仕事は昼間のみです。当然夜勤はなく、また遅出や早出がないところも少なくありません。

■ショートステイのタイムスケジュール例

【17:00】出勤。日勤者からの申し送り、自力摂取が難しい人の食事介助
【17:30】口腔ケアや臥床介助
【18:00】食堂の片付けや、起きている利用者のトイレ介助
【20:00】服薬介助
【21:00】消灯、以降2時間おきに巡視や体位交換、おむつ交換を行なう
【5:00】エプロンや手拭きの用意など食堂の準備
【6:00】起床。離床介助、整容
【7:00】朝食。自力摂取が難しい人の食事介助
【7:30】口腔ケアやトイレ介助
【8:00】入居者の見守りを行ないながら記録の記入
【8:30】日勤者への申し送り
【9:00】業務終了

ショートステイは、一時的に在宅で介護ができない方が入居可能な施設です。

しかし小規模多機能型居宅介護に登録している人の場合、昼間は訪問介護等デイサービスを利用することになります。そのため小規模多機能型居宅介護に付随しているショートステイでは夜勤のみで働くことも少なくありません。

■訪問介護のタイムスケジュール例

【7:00】出勤、予定の確認を行いAさん宅へ向かう
【7:15】Aさんの宅へ到着、朝食の準備と食事介助を行う
【8:15】Aさん宅を出発、Bさん宅へ向かう
【8:45】Bさん宅へ到着、食事の準備、食事介助を行う
【10:15】Bさん宅を出発、事業所へ向かう
【10:30】事業所に到着、同僚や上司と意見交換、書類整理を行う
【11:00】休憩
【12:00】Cさん宅へ出発
【12:15】Cさん宅に到着、昼食の準備を行う
【13:00】Cさん宅を出発、事務所へ戻る
【13:15】事務所に到着、上司や同僚と意見交換、書類整理
【14:00】Dさん宅へ出発
【14:15】Dさん宅に到着、入浴介助を行う
【14:45】Dさん宅を出発、事業所へ戻る
【15:00】事業所に到着、次の日の予定確認、報告書の作成
【16:00】業務終了

訪問介護では、事業所に登録されている利用者の自宅に行き介護サービスを提供します。しかし住宅型有料老人ホームを併設している場合、訪問介護のスタッフとして併設施設で働くこともあります。

小規模多機能型居宅介護の福利厚生

小規模多機能型居宅介護で、住宅手当や家族手当のような福利厚生は、運営法人に関係なく事業所ごとに大きく異なります。また夜勤手当のように、同じ事業所内でも部署によって異なる手当もあります。

小規模多機能型居宅介護のスキル・キャリアパス

小規模多機能型居宅介護で働く場合、さまざまな介護サービスの仕組みや役割を学ぶことが可能です。また、小規模多機能型居宅介護で提供される介護サービスは、いずれも居宅ケアマネになると関わる可能性が高いため、居宅ケアマネを目指す場合には数多くのことを学ぶことができるでしょう。

またショートステイは入退所のスパンが短く、デイサービスや訪問介護では関わる利用者が毎日変わることも多くあります。事故を防ぐためにも、サービスを利用していなかった期間の情報を効率よく集める必要があります。そのような理由から、情報収集能力や観察力、それから洞察力も必然的に鍛えられることでしょう。

小規模多機能型居宅介護で働くことの良さや向いている人

デイサービスは昼間のみ、ショートステイでは夜間のみと、担当によって時間を固定して働くことができます。そのような理由から、時間を固定して働きたい人には働きやすい環境です。また小規模多機能型居宅介護は、在宅で生活できる方を対象としたサービスであることから介護度が低い利用者が多く、利用者の上限も決められているため同時対応する利用者が増えすぎることがなく、体力への負担がかかりにくい環境と言えるでしょう。